名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心

弁護士に相続の相談に行く際にあった方がよい資料

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2020年1月14日

1 必要な資料があると弁護士への相談がスムーズに!

相続というものは,多くの方にとって一生に数回しかない出来事です。

そのため,どんな資料があればよいのかという判断がつかない方も多いのではないでしょうか。

必要な資料がそろっていると,弁護士との相談がスムーズに進み,今後の見通しや解決策についてアドバイスを受けやすくなります。

他方,資料が何もない状態ですと,弁護士から具体的なアドバイスを受けることが難しくなる場合もあります。

2 相続の相談で役に立つ資料は大きく分けて3種類

⑴ 遺言書

たとえばAさんが亡くなり,Aさんが遺言書を残していた場合,Aさんの遺産は遺言書のとおりに分けられることが原則です。

遺言書があればどの財産を,誰に,どのように分けるのかが明確になり,その後の手続きの説明がスムーズになります。

また,遺言書があれば遺言の内容が遺留分を侵害する可能性があるかどうかの判断もしやすくなります。

もっとも,遺言書があるのは知っているが,他の親族が持っていて内容が分からないという場合もあるかと思います。

その場合は遺言書の内容を確認する方法もありますので,弁護士にご相談ください。

⑵ 相続人を確定するための資料

たとえばAさんが亡くなった場合,Aさんの相続人が財産を分け合うことになります。

この遺産を分ける手続きを遺産分割協議といいますが,遺産分割協議は相続人が一人でも欠けると無効になってしまいます。

そのため,まずはAさんの相続人が誰かを確定させなければなりません。

そこで必要になる資料は戸籍です。

Aさんが生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍をそろえると,Aさんの相続人が誰かが分かります。

この相続人の確定という作業は,相続問題を解決するための第一歩になるものなので,必ず行う必要があります。

もっとも,戸籍は法律の改正や婚姻などで新しく作られるため,生まれてから亡くなるまでの戸籍をそろえる場合,一つの役所でそろわない場合もよくあります。

弁護士は戸籍を取り寄せることができますので,戸籍の取得も含めて弁護士に依頼するというのも一つの方法です。

⑶ 財産に関する書類

ア 固定資産税に関する書類

自宅を所有したままお亡くなりになる方は多くいらっしゃいます。

一般に不動産は高価な財産であり,かつお金のように均等に分けることが難しい財産です。

そのため,亡くなった方が残した不動産がどれほどの価値があるのかという点は非常に重要です。

不動産の価値を判断するうえで参考になるのが,固定資産税に関する書面です。

もし固定資産税に関する書面が見つからないという方は,取り寄せる方法も含めて弁護士にご相談ください。

イ 通帳・残高証明書・取引履歴

家に多額の現金を置いている方は少なく,多くの方が預貯金という形で銀行などにお金を預けていると思います。

この預貯金も亡くなった方の遺産であるため,どれくらいの預貯金があるのかという情報は非常に重要です。

通帳があればどの金融機関に預貯金があるのかが分かりますし,記帳がある場合は預貯金の動きを知ることができます。

また,通帳がない場合でも銀行などで残高証明書を取得すれば,その時点での預金残高を知ることができますし,取引履歴を取得した場合は,亡くなった方の預貯金の動きが分かります。

このような預貯金の情報が分かると,分けるべき預貯金の額はもちろん,不自然な支出などが判明することもあり,遺産分割協議の見通しを説明しやすくなります。

もしこれらの書類を取り寄せ,不自然な支出が見受けられる場合は,親族の誰かが無断で預貯金を引き落とした可能性もあるため,専門家に相談されることをお勧めします。

3 資料がそろわない場合でも弁護士にご相談にいらしてください

上記の各資料があると相談がスムーズに進みますが,資料がない場合に相談ができないというわけではありません。

資料は後から集めることが可能ですので,お悩みを抱えている方はなるべく早く専門家に相談することをお勧めします。

弁護士法人心では,相続事件を多く扱う弁護士が皆様のお悩みの解決に日々取り組んでいます。

相続でお悩みの方はぜひ一度弁護士法人心にご相談ください。

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア