名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心 <span>名古屋法律事務所</span>

民事信託・家族信託

自分の死後,財産を長男に継がせ,長男が亡くなった後は長男の子に継がせるなど,遺言ではできない相続を行いたい。自分が,万が一,認知症になっても生活が送れるように,信頼できる人に財産や生活の面倒を見てもらいたい。

そんな方々のために,弁護士法人心では,遺言や成年後見はもちろん,民事信託も含めた適切なスキーム作りをお手伝いさせていただいております。

詳細につきましては、以下のサイトをご覧ください(以下のボタンをクリック)。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

信託のお悩みは弁護士へ

信託契約を結びたいけれど何から始めればよいのかわからない方はご相談ください。弁護士がご意向をじっくりとお伺いし,信託制度を有効に活用できるようサポートします。

スタッフ紹介へ

弁護士・スタッフがしっかりと対応

「前もって信頼できる人に自分の財産の管理を任せたい」と思われる方のために,信託があります。納得のいく信託契約を結べるよう当法人がしっかりと対応します。

お越しいただきやすい事務所

よりご自身のご意向に沿った信託契約を結ぶためにも,民事信託をお考えの方はご相談ください。名古屋駅の近くの事務所ですので,ご相談にお越しいただきやすいかと思います。

民事信託を検討すべきタイミング

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2021年8月11日

1 60歳を過ぎた時

民事信託が最も多く活用される場面は、高齢者の財産管理です。

少子高齢化が進む日本では、高齢者が多額の財産を管理し続けなければならない状況にあります。

しかし、年齢が進むにつれて、認知機能の衰えや、病気にかかるリスクが高まります。

そうなると、財産の管理が適切にできない可能性がでてきます。

もし、財産の管理を適切にできない場合は、様々なリスクが生じます。

たとえば、家を売却して、施設の費用に充てようと思っても、認知症の症状が出ていると、不動産の売却が難しい可能性があります。

また、アパートやマンションの経営をしている方は、新たな入居者の審査や、リフォームするかどうかなどの判断をする必要がありますが、高齢になるほど、賃貸経営の負担は大きくなります。

そこで、60歳を過ぎた場合は、民事信託によって、ご家族に財産の管理を任せることを検討することが大切です。

2 事業承継を考えている場合

会社を経営している方は、自社の株式を持っているケースが多くあります。

そういった方は、いずれ事業承継を検討しなければなりません。

しかし、相続が始まってから、急に事業承継をするというのは、難しい面があります。

そこで、民事信託を利用し、株主としての議決権などをご家族に託した上で、徐々に事業承継を進めていくという方法があります。

そのため、事業承継を考えている方は、民事信託を検討するいいタイミングになります。

3 障がいを抱える子がいる場合

子が、何らかの障がいを抱えており、経済的に自立した生活が難しい場合があります。

親が元気なうちは、親が経済的なサポートができますが、親が高齢になるにつれ、そういったサポートは難しくなります。

まして、親が亡くなった後のサポートは、親自身が行うことができません。

そこで、民事信託によって、財産を誰かに託し、親が亡くなった後も、子の経済的なサポートを続けられるよう、準備をしておくことが重要です。

民事信託を相談する流れ

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2021年7月16日

1 民事信託の目的を確認しましょう

民事信託は、信頼できる人に、財産を託すための制度です。

財産を託す目的には、様々なものがあり、その目的によって、民事信託契約の内容が大きく変わります。

たとえば、介護施設の入居費用を用意するために、不動産を売却することがあります。

しかし、認知症等によって判断能力が低下した場合、不動産の売却が難しくなることがあります。

そういった場合に備えて、不動産売却の権限を誰かに託しておくという場合、それが実現可能な民事信託契約書を作成します。

他方、子が障がいを持っているため、自分の死後も子の援助を誰かにお願いしたいという場合、その目的に適した制度設計をする必要があります。

このように、民事信託は、その目的によって内容が大きく変わってくるため、まずはどんな目的を達成するために民事信託を行うのかを再確認しましょう。

2 相談の予約

民事信託の目的を確認したら、民事信託を扱っている専門家に、相談の予約をとりましょう。

民事信託は、法律面の知識と、税金面の知識が不可欠であるため、法律と税金の両方の専門家が在籍している事務所を選ぶことが大切です。

3 相談時の流れ

まず、専門家から民事信託の目的を確認させていただきます。

その目的を達成するために、どんな財産を、だれに託すのかを検討します。

財産を託す人は1人なのか、財産を託された人を監督する立場の人が必要なのかどうかなどについても、検討が必要です。

4 相談後の流れ

財産を託される予定の方とも、打合せが必要になります。

たとえば、不動産を預け、不動産の管理や売却について権限を与えた場合であっても、普段の不動産の管理をどのように行うのか、どんな場合に不動産を売却するのかなどを、あらかじめ決めておく必要があります。

また、不動産の管理や売却をする際は、現金が必要になるため、一定額の現金も預けておく必要があります。

その現金の額、使用目的、足りなくなった場合の対応策などを、契約書に盛り込むことになります。

5 民事信託契約書の作成

全ての方針が固まった後は、民事信託契約書を作成します。

今後の財産の管理は、その契約書の内容をもとに行うことになります。

民事信託の相談先チェックポイント

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2021年6月21日

1 民事信託は複数の専門家が連携している事務所に相談しましょう

民事信託は、相続に関する法律と、税金に関する法律の両面の理解が不可欠です。

たとえば、民事信託は、財産を預けるという性質があるだけでなく、財産を承継させるという性質もあることから、遺言に類似した機能があります。

他方で、民事信託は、形式的には財産の所有権を他人に移すという性質があるため、贈与税や相続税の理解が必要になります。

こういった理由から、民事信託は法律の専門家と、税金の専門家が協力して、適切な民事信託契約書を作成しなければなりません。

2 相続の裁判を多く扱っているかをチェック

民事信託は、財産を託した方が亡くなった時に、その有効性が裁判で争われることがあります。

たとえば、民事信託によって預けた財産を、特定の相続人が多く取得する内容だった場合、財産をもらえなかった相続人は、民事信託契約が無効であることを主張することがあります。

とすると、民事信託契約をする上では、後になって裁判にならないような対策をとっておくことが重要なポイントになります。

そのためには、実際に裁判を多く経験し、どういった民事信託契約をすると、裁判になってしまうのかを理解している専門家のアドバイスが不可欠です。

3 相続税申告を多く扱っているかをチェック

民事信託をする上で、相続税は非常に重要なポイントです。

民事信託で預けた財産は、相続税の申告の対象になるため、どのような形で民事信託をするかによって相続税の金額が大きく変わります。

しかし、相続税を集中的に扱っている専門家は、必ずしも多くありません。

そのため、税金の専門家を選ぶ際には、相続税を中心に扱っている専門家を探しましょう。

4 今の相談先は、本当に適切な相談先なのかをチェック

たとえば、士業などの資格者や大手の銀行でも、民事信託を扱っている場合があります。

しかし、弁護士以外の士業や銀行は、民事信託の有効性に関する裁判を扱うことができないため、民事信託に関する裁判の経験がありません。

また、将来、民事信託に関する裁判が起きたとしても、弁護士以外の士業や銀行は、サポートをすることができません。

このように、相談先が本当に民事信託に詳しく、民事信託全般をサポートできるのかは、慎重にチェックをする必要があります。

民事信託を依頼する場合の専門家を選ぶ際の注意点

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2021年5月25日

1 民事信託は落とし穴が多い

近年、少子高齢化の影響もあって、民事信託という制度が注目を集めています。

民事信託は、信頼できる人に財産の管理を託すことができる便利な制度ですが、多くの落とし穴があります。

もし制度設計で失敗すると、民事信託をした時期に、多額の税金が発生するといった事態があり得ます。

また、預けた財産を、最終的に誰が取得するかという点を注意深く定めておかないと、民事信託が終了した時に、多額の税金が発生したり、相続人同士で裁判に発展するという可能性もあります。

2 税金の専門家がいない場合のリスク

民事信託は、制度設計を間違えると、予想もしていなかった税金の支払いを求められる可能性があります。

たとえば、高齢になったAさんが、長男Bさんに現金を預けるという信託契約を行ったとします。

このような契約を行った場合、長男Bさんは預かった現金をAさん生活費や、医療費などのために使うことになります。

しかし、Aさんが、毎月、孫のCさんにお小遣いをあげたいと考え、信託契約書の中に、「毎月、孫のCさんにお金を3万円渡す」旨の規定を入れると、贈与税の問題が生じます。

また、同じ例で、Aさんが亡くなった時に、信託契約で預けていた財産を、孫のCさんに渡す旨の規定を定めると、相続税の問題が発生します。

どんな場合に、どれくらいの税金を納める必要があるのかについて、事前に詳細なシミュレーションをしておかないと、予想外の税金が発生し、納税資金の用意に慌てることになりかねません。

そのため、民事信託を行う場合、税金に関する専門家の関与が不可欠です。

3 相続に関する法律に強い専門家がいない場合のリスク

民事信託を行う場合、財産を預けた方が亡くなった時に、預けた財産を誰に渡すのかを決めておく必要があります。

しかし、誰にどんな財産を渡すのかによって、相続争いが発生する可能性があります。

特に、特定の相続人に明らかに不利な形で民事信託を行った場合、民事信託の契約が無効になる可能性もあります。

そのため、民事信託を行う場合は相続に強い弁護士等に相談し、法的な争いが発生しない契約になるようアドバイスを受けることが重要です。

4 まとめ

民事信託を依頼する場合、税金の専門家と、相続の法律に強い専門家両方の連携が不可欠です。

そのため、民事信託を依頼する場合は、税理士と弁護士の協力体制が整っている事務所などを選ぶことが大切です。

名古屋にお住まいの方であれば、名古屋駅近くにある弁護士法人心にご相談ください。

民事信託に強い弁護士にご相談を

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2021年3月4日

1 民事信託は相続全般の深い理解が必要です

少子高齢化が進んだことで、高齢者の方の財産管理方法として、近年は民事信託が注目されています。

名古屋でも、民事信託を扱う専門家が徐々に増えていますが、民事信託の相談をする際は、その専門家が相続に強い専門家がどうかをチェックする必要があります。

民事信託は、財産の管理を託すという点で、成年後見制度や任意後見制度に近い性質があります。

他方で、民事信託は遺言書と類似の機能も付けることができ、相続税や贈与税などとも深く関わりがあります。

このように、民事信託は、相続全般の深い理解が必要になるため、民事信託の相談をする場合は、相続を中心的に取り扱っている専門家に相談をする必要があります。

2 民事信託の方法によっては裁判に発展する可能性も

民事信託は、遺言書に類似した機能を付加することができます。

そのため、民事信託の内容によっては、民事信託契約の無効の裁判や、遺留分侵害の裁判などに発展する可能性があります。

こういった民事信託の性質から、民事信託を行う際は、「後で裁判に発展しないような制度設計」にしておかなければなりません。

民事信託に強い弁護士であれば、どういった民事信託を行えば裁判になってしまうのかという点を把握しているため、制度設計の段階から適切なアドバイスが可能です。

他方、弁護士以外の専門家も、民事信託の案件を扱ってはいますが、法律上、裁判をすることができるのは原則として弁護士に限られているため、業務として裁判を行うことができない専門家が、裁判を防ぐためのアドバイスができるとは限らない点に注意が必要です。

3 民事信託によって多額の税金が発生することも

民事信託は、制度設計を間違えると、民事信託契約成立時に、多額の税金が発生する可能性があります。

また、民事信託終了時も十分に注意をしておかないと、多額の税金が発生する可能性があります。

そのため、民事信託を行う際は、税金面についても十分に注意をしつつ、制度設計を行う必要があります。

4 名古屋で民事信託をお考えの方は、私たちにご相談ください

私たちは、名古屋で相続を集中的に扱う弁護士が中心となって信託チームを結成し、民事信託の制度設計を行っています。

民事信託をご検討している方は、ぜひ1度ご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

民事信託の活用

財産の管理についてお悩みの方

自身の老後のことを考え始めた時に,築いてきた財産をどのように管理・処分すればよいのか迷われる方も多くいらっしゃるかと思います。

病気等によって所有している財産を自身で管理することが難しくなった場合など,万が一のことを考慮し,生前から行える対策を考えることをおすすめします。

民事信託は,生前から財産の管理・運用を特定の人物に託すことのできる制度となっています。

信頼できる人に財産を託し,その財産を管理・運用した利益を誰に渡すのかまで決めることができるため,様々な状況や事情に柔軟に対応することのできる制度です。

自分自身のために財産を運用してもらうこともできますし,子どものために財産を管理してもらうことも可能です。

子どもに財産を託し,その子どもが亡くなった後は,別の子どもに託すなど,先々のことについて決めることもできます。

このように,幅広いことに対応することができるため,民事信託の活用方法は一人ひとり異なります。

実際に民事信託を用いてどのようなことができるのか,その見通し等について知りたいという方は,弁護士にご相談ください。

信託についてご相談いただけます

弁護士法人心では民事信託も取り扱っており,弁護士が丁寧に相談にのらせていただきます。

財産の処分等の方法についてお悩みの方は,お気軽に弁護士法人心にお問合せください。

事務所はお越しいただきやすい名古屋駅から徒歩2分の場所にあります。

フリーダイヤルよりご相談予約を受け付けておりますので,皆さまからのご連絡をお待ちしています。

お問合せ・アクセス・地図へ