名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心 <span>名古屋法律事務所</span>

労災の損害賠償請求について

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2023年2月2日

1 労災に遭った場合に会社に損害賠償請求できるのか

労災被害に遭い、既に労災保険から各種の給付を受けている場合でも、実際に被った損害が労災保険給付の範囲を超える場合には、使用者たる会社に対して、損害賠償請求を行うことができます。

2 損害賠償請求は認められない場合がある

会社に対する損害賠償請求は、請求すれば必ず認められるものとは限りません。

例えば、会社に安全配慮義務違反等の労災発生に対する責任がない場合や、安全配慮義務違反はあるものの発生した損害との間に因果関係がない場合には、損害賠償請求が認められません。

そのため、会社に対する損害賠償請求を行う場合には、事前に、損害賠償請求が認められる見込みがあるか否かを十分に検討する必要があります。

3 賠償される損害の内容

労災に遭った場合に会社に請求できる可能性のある損害としては、例えば以下のようなものが挙げられます。

  • ・治療費
  • ・通院交通費
  • ・通院付添費
  • ・入院付添費
  • ・入院雑費
  • ・休業損害
  • ・入通院慰謝料
  • ・後遺障害逸失利益
  • ・後遺障害慰謝料

これらの損害の内、既に労災保険から給付を受けている分については、賠償額から差し引かれることになります。

他方で、例えば、労災保険からは各種慰謝料は支給されませんので、慰謝料を受け取るためには、会社に対して損害賠償請求を行う必要があります。

4 会社への損害賠償請求をお考えの方は弁護士へご相談ください!

労災事故について会社への損害賠償請求を行うには、会社の法的責任を追及するための証拠の収集や、発生した損害に関する証拠の収集、証拠に基づき請求を法的に構成する等の作業が必要となります。

このような作業をご自身一人で行うとなるとかなりの負担を要しますし、慣れない手続きに不安を感じる方もいらっしゃるかと思います。

そのため、労災に遭ってしまったために会社への損害賠償請求を考えているという方は、一度、労災事故に詳しい弁護士に相談してアドバイスを受けてみることをおすすめいたします。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ