名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心

個人再生をお考えの方へ

弁護士法人心では,個人再生を得意とする弁護士が数多くの個人再生案件を取り扱っております。

個人再生手続きを行うことが適切かどうかということも含めて弁護士がご相談にのらせていただきますので,お悩みの方は,弁護士法人心にご相談ください。

名古屋駅の近くという便利な立地に事務所がありますので,名古屋で弁護士をお探しの方は,お気軽にご相談ください。

詳細につきましては,以下のサイトをご覧ください(以下のボタンをクリック)。

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

個人再生について弁護士に依頼したほうがよい理由

1 個人再生とは

個人再生とは,裁判所を通じた手続きによって借金の金額を減額し,減額した金額を3年~5年かけて分割弁済をすることをいいます。

自己破産と異なり,住宅資金特別条項を利用することで,住宅ローンの残っている自宅を残しつつ,借金の整理をすることができる点で,借金の整理をしたいが住宅は残したいという方にメリットのある手続きといえます。

2 個人再生を弁護士に依頼した方がよい理由

⑴ 書類の作成の手間が省ける

個人再生を申し立てるにあたり,裁判所に提出しなければならない書類がいくつかあります。

申立書には,債権者及び借金の金額等,自分の持っている財産(不動産や車,家財道具など),加入している保険など様々な事項を記入しなければなりません。

なお,借金の金額については,各債権者から取引履歴を取り寄せて正確な金額を記載する必要がありますが,弁護士に依頼すれば弁護士が代わりに行ってくれます。

また,陳述書と呼ばれる書面には,収入の状況や借金が膨らむに至った経緯などを記載しなければなりません。

さらに,毎月の収入・支出を記載した家計簿のようなもの(家計の状況)を作成しなければならず,その他さまざまな書類を集めて裁判所に提出する必要があります。

弁護士に依頼すれば,これらの書類の作成を代行してもらうことができます。

また,裁判所に提出するために集めなければならない書類についても的確に指示してくれますので,手続きがスムーズに進みます。

なお,裁判所との法的なやりとりについても弁護士が適宜対応することが可能になります。

⑵ 債権者からの取り立てが止まる

個人再生を検討されている方の中には,債権者から頻繁に催促の電話や請求書が届いて困っているという方もいらっしゃいます。

弁護士に依頼すれば,債権者に対して弁護士が受任通知というものを送るのですが,受任通知が債権者に届いた後は,債権者からの催促の電話や書面がストップしますので,安心して個人再生手続きに向けた準備をすることができます。

3 個人再生に関するご相談は弁護士法人心まで

借金が増えて困っていて個人再生を検討している,あるいはどのような方法で借金の整理をしたらよいかわからないという方は,弁護士法人心までご相談ください。

個人再生について弁護士に相談してから手続終了までの流れ

1 個人再生とは

個人再生とは,借金(債務)の額を圧縮(減額)し,その圧縮した債務を分割して支払い,支払いができれば残りの債務は免除されるという手続です。

任意整理と違い,自己破産と同様裁判所を通じて行う手続になります。

自己破産は,原則として所有している財産が処分されることになってしまいますが,個人再生の場合には住宅などの資産をもったまま手続が行えます。

また,破産をしてしまうと一定の職務に就くことができなくなってしまいますが,個人再生の場合にはそのような資格制限の問題がありません。

ですので,住宅を残したい方,職業の資格制限がある方などにとってメリットのある制度ということができます。

2 弁護士に相談してから手続終了までの流れ

⑴ 依頼から申立てまで

弁護士に個人再生の依頼を行った後は,まず弁護士から各債権者に対して受任通知を発送し,併せてこれまでの取引履歴の開示を請求することになります。

これは,実際に債務の金額がいくらなのかを明確にするための手続になります。

なお,この通知を各債権者に送ると,各債権者からの督促などは止まります。

その後,家計の収支や資産状況について弁護士が調査することになります。

具体的には,給与明細や源泉徴収票,通帳などを弁護士に提出いただくことになります。

⑵ 申立て後

これらの準備を終えたあとで,申立書類を作成し,その他資料を整えて,裁判所に提出することになります。

場合によっては,このタイミングで個人再生委員が選任されることになります。

そして,申立書の内容や再生計画通りに返済を行っていけるかどうかが検討された上で,裁判所は再生手続開始決定を行うことになります

手続開始後は,申立時に作成した債権者名や金額が記載された一覧表の内容に誤りがないか債権者が確認し,その上で債権額が確定します。

その後,確定した債権額を基にして,再生計画案を提出し,計画案に問題がなければ裁判所から認可がおります。

このあと,再生計画案に従い返済がスタートします。

3 弁護士法人心へ相談

弁護士法人心は名古屋に事務所があり,その事務所は名古屋駅から歩いて数分という便利な場所に位置しています。

また,弁護士法人心には個人再生を多数取り扱っている弁護士が在籍しておりますので,名古屋近辺にお住まいの方や勤務先のある方で,個人再生を検討している方はぜひ一度弁護士法人心へお問い合わせください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

個人再生手続きは弁護士にお任せください

個人再生を行う場合は裁判所に様々な書類を提出しなければいけません。

どの貸金業者からいくら借りているのか,所有財産はどれぐらいあるのかというような情報を書面で提出することになりますが,これらの情報を集めるだけでも時間がかかるかと思います。

複数の貸金業者からお金を借りている方ですと,それぞれの業者から取引履歴を取り寄せなければいけませんし,それぞれ利息制限法で引直計算することとなります。

全てをご自身で行うことは容易ではありませんので,個人再生に関する知識を持っている弁護士にご相談ください。

弁護士は依頼者の方の代理人として手続きを進めることができますので,最後まで個人再生をサポートすることができます。

準備しなければいけない資料や書類に関するアドバイスもできますので,お一人で取り組むよりも,スムーズに手続きを進められるかと思います。

不安や疑問等も弁護士にご質問いただければ,丁寧にお答えいたします。

後悔のない個人再生手続きとなるように,弁護士法人心の弁護士がしっかりと対応させていただきますので,名古屋で借金に関するお悩みを抱えている方は弁護士法人心にお問合せください。

名古屋駅の近くに事務所がありますので,ご相談にお越しいただきやすい弁護士事務所です。

お問合せ・アクセス・地図へ