一宮の方の後遺障害の法律相談

弁護士法人心

後遺症・後遺障害に関する弁護士への相談を検討している一宮にお住まいの方へ

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2019年10月28日

後遺障害の等級申請に不安があるという方や,後遺障害の等級認定結果に疑問等を抱いている方は,弁護士法人心にご相談ください。

後遺障害に詳しい弁護士やスタッフが,しっかりと対応させていただきます。

後遺障害の等級によって受けられる賠償金の金額が異なりますので,交通事故被害に遭い後遺障害に関する不安を抱えている一宮にお住まいの方は,お気軽に弁護士法人心名古屋駅法律事務所にご連絡ください。

名古屋駅から2分という便利な立地に事務所がありますので,一宮の方もご利用いただきやすいかと思います。

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

弁護士法人心では,適正な後遺障害の認定をうけられるように,後遺障害に関する勉強会を行うなど,研鑽を積んでいます。後遺障害に関する不安や疑問を抱いている一宮にお住まいの方は,弁護士法人心名古屋駅法律事務所にご相談ください。

スタッフ紹介へ

後遺障害を認定する機関に勤めていたスタッフ等も弁護士と連携し,適切な後遺障害等級の申請が行えるように努めています。一宮からもお越しいただきやすい名古屋駅の近くに事務所がありますので,弁護士法人心にご相談ください。

対応エリア

弁護士法人心の事務所はアクセスのよい場所にあります。後遺障害はお電話でのご相談も可能ですので,一宮に住んでいて来所相談が難しいと感じている方も,お気軽に弁護士法人心にご連絡ください。後遺障害の認定を弁護士がしっかりとサポートします。

適切な後遺障害認定を受けるための注意点

1 後遺障害の認定が受けられるか不安な方へ

交通事故によってお体に後遺障害が残ってしまった方は,後遺障害の認定を受けることを検討しているかと思います。

ただ,適切な後遺障害認定を受けられるかどうか不安に感じている方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは,脳や脊髄に損傷が生じ,随時介護が必要になってしまったようなケースを具体例に,適切な後遺障害認定を受けるための注意点をお話しさせていただきます。

2 後遺障害の認定の有無で賠償額は大きく変わってくる

脳や脊髄に損傷が生じ,介護が必要になってしまった場合,「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,随時介護を要するもの」として後遺障害等級2級に該当する可能性があります。

これが認定されれば,自賠責保険より上限3000万円の保険金が支払われます。

自賠責保険金として支払われるものだけでなく,多くの場合,加害者加入の任意保険会社や加害者本人から,更に賠償金が支払われます。

後遺障害等級2級が認められなければ,上記の金額は認められませんので,後遺障害等級2級が認められるかどうかで賠償額が大きく変わってきます。

そのため,適切な後遺障害認定を受けられるよう,後述のとおり慎重に手続きを進める必要があります。

3 医者に正確に症状や身体の状態を伝えること

自賠責保険による後遺障害等級認定の審査手続は,書面などの客観的な資料に基づく審査を中心に行われます。

その中でも,医者が記載した診断書やカルテは大きな影響力を持つものとされています。

診断書やカルテに記載された情報は,有利にも不利にも決定的なものとして扱われることも少なくありません。

たとえば,重い障害が残った場合であったとしても,カルテの中には日常生活に関する能力が十分に残っているかのような記載がされてしまうと,実態よりも低い後遺障害等級しか認められないことがあります。

医師に対して,正確に症状や身体の状態を伝えないと,真実に反して日常生活に支障がないかのような記載がされてしまい,介護の必要性が否定されてしまう可能性も十分にあるのです。

しかも,カルテに一度記載されてしまった内容を書き直すということはできませんので,治療の当初の段階から医者には正確に症状を伝える必要があります。

4 後遺障害に詳しい弁護士に早期に相談する

上記のとおり,治療段階での些細なことが,後遺障害の認定に決定的に影響を及ぼす可能性があります。

そのため,治療段階から後遺障害に詳しい弁護士と相談し,医者には何を伝える必要があるのか,誤解され症状を軽く見られないためにはどう話したらいいかなど,適切なアドバイスを受けることが重要です。

また,関係者から日常生活に関する状況について報告書を作ってもらうなど,証拠収集をあらかじめ進めておくことも欠かせません。

特に今回例に挙げる後遺障害2級のような重大なケースでは,一般的な弁護士は経験がないことも多く,交通事故や後遺障害を多く取り扱う経験豊富な弁護士の助言を受けることが非常に重要です。

5 後遺障害なら弁護士法人心までご相談ください

弁護士法人心では,交通事故案件を数多く取り扱う経験豊富な弁護士が多数在籍しており,後遺障害が残る案件の解決実績も豊富にございます。

また,弁護士の他,後遺障害を認定する自賠責事務所の上部機関である損害保険料率算出機構の元職員や,大手損害保険会社の元職員などを擁する「後遺障害専門チーム」と連携して適切な後遺障害認定を受けるためのサポート体制を確立しています。

名古屋駅すぐの場所に事務所がありますので,一宮からもお越しになれるかと思います。

一宮の方で,後遺障害の申請をご検討している場合には,弁護士法人心までぜひ一度ご相談ください。

お役立ち情報トップ

弁護士等の専門家

交通事故の後遺障害

交通事故の高次脳機能障害

交通事故のムチウチ

交通事故その他

遺言

遺産分割

遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)

相続放棄

相続その他

離婚

刑事事件

過払い金

個人再生

自己破産

債務整理その他

労働問題

消費者問題

会社設立

愛知にお住まいの方へ

春日井にお住まいの方へ

東海市にお住まいの方へ

小牧にお住まいの方へ

犬山にお住まいの方へ

豊明にお住まいの方へ

日進にお住まいの方へ

津島にお住まいの方へ

その他

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

後遺障害の申請を弁護士がサポート

ケガの治療を続けていても,これ以上良くならずに症状が残ってしまう状態を後遺症といい,程度に応じて後遺障害等級が決められています。

後遺障害等級は,損害賠償金額に大きく関わってくるため,適正な後遺障害の等級を獲得することが重要です。

後遺障害の等級の申請は,事前認定という相手方保険会社が申請を行う方法と,被害者請求という自分で申請を行う方法があります。

後遺障害の申請がどのようなものかわからないため,相手方保険会社に任せてしまおうと思われる方が多いかもしれません。

ですが,相手方保険会社は後遺障害が認定されると自らが支払う保険金の額が増加する立場にあり,積極的に被害者にとって有利な資料を集めて提出してくれることは期待できません。

後遺障害認定においては,十分な資料が揃っていなかったり,誤解が生じるような内容が記載されていたりすると,本来よりも低い等級となってしまうおそれがあります。

そのため,弁護士等の専門家に依頼して後遺障害の申請をすることをおすすめします。

後遺障害申請をお考えの方は,弁護士法人心名古屋駅法律事務所にご相談ください。

名古屋駅法律事務所では,後遺障害などの案件を集中的に取り扱っている弁護士やスタッフが,後遺障害の認定などに関する相談にのらせていただきます。

後遺障害に関する研鑽を積んでいる弁護士が対応いたしますので,安心してお任せください。

一宮から名古屋駅までは電車でのアクセスが便利です。

後遺障害のご相談はお電話でも承っておりますので,お越しいただいての相談が難しいという一宮の方もお気軽にお問合せください。

お問合せ・アクセス・地図へ