名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

弁護士に自己破産を依頼している間にクレジットカードを使ってしまった場合

1 債権者平等の原則とクレジットカードの返済

自己破産は,債権者の同意の有無にかかわらず,強制的に債権を消滅させる手続きです。

そのため,少なくとも各債権者を平等に扱う必要があり,ある債権者にのみ支払いをすること等はしてはいけません。

これを債権者平等の原則といいます。

当然,クレジットカードでの借入れのみを返済することもしてはいけません。

2 クレジットカードによる買い物

では,クレジットカードで買い物をすることはどうでしょうか。

クレジットカードで買い物をするという事は,売り主に対して,クレジットカード会社が買い主の代わりに代金を立て替えて支払い,その後,立替払金を買い主に請求するというものになります。

そして,この立替払金の支払請求権は,債権者平等の原則に服することになる債務になります。

そのため,クレジットカードで買い物をした分についても,破産債権になりますので,支払ってはいけないことになります。

そのため,当然支払ってはいけないのですが,破産準備中であれば当然支払ってはいけないことを知っていたとして,クレジットカード会社から詐欺等で訴えられることもあります。

また,破産は,債務者の財産を売却する等して換価し,それを破産債権者に平等に配当して,残った債務を免責,すなわち,消滅させる手続きになります。

破産することを決意した後に債務を負担する行為は,それまでの債権者が配当されるはずだった金額を減少させる行為にもなります。

したがって,このような行為は免責不許可事由となっていて,このような行為がある場合には,破産をしても借金がなくならない可能性があります。

このようなことから,破産手続依頼後は,クレジットカードを使うことは絶対にしてはいけません。

3 弁護士としっかりと相談を

弁護士に破産を依頼する際は,買い物等にしか使っていないクレジットカードも借入先と同様に伝える必要がありますし,念のため,使っていないクレジットカードについても伝えておく必要があります。

このように,破産準備中の行動によっては,免責が不許可となり,破産しても借金が無くならないことがあります。

このような失敗をしないためにも,自己破産をお考えの方は,弁護士にご相談されるのがいいでしょう。

弁護士法人心では,自己破産の相談は相談料無料で承っております。

名古屋近郊で自己破産をお考えの方は,お気軽にご相談ください。

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア