名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心

相続放棄の熟慮期間

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2020年12月17日

1 相続放棄とは

相続放棄とは、法律で定められた期間内に、家庭裁判所に対して相続放棄の申述書を提出することによって、相続人の財産にかかる権利や義務を一切承継しないこととする制度です。

相続人は、原則として、被相続人の一切の財産にかかる権利や義務を承継します(民法896条1項)。

しかし、個別の事案によっては、相続により多額の負債を抱えることになる場合や、家の後継ぎとなる特定の相続人に相続財産を集中させる場合など、相続を望まないこともあり、相続放棄が行われます。

参考リンク:裁判所・相続の放棄の申述

2 熟慮期間

法律上、相続するか否かを決めるための期間が決まっており(この期間を「熟慮期間」といいます。)、この熟慮期間を過ぎると相続放棄をすることができなくなります。

熟慮期間は、①被相続人が亡くなったことを知り、②これによって自分が相続人であると知ったときから3カ月間とされており(民法915条1項本文)、この間に相続人は相続財産の調査などを行います。

3 熟慮期間の伸長

相続財産の調査が難航するなどの特別の事情がある場合には、熟慮期間の伸長を求めることができます

いったん相続の承認や放棄を行ったら、熟慮期間中であっても撤回することはできないので、慎重に判断する必要があります。

仮に、何もせずに熟慮期間が経過すれば、相続人は自動的に相続を承認したものとみなされます。

また、相続するつもりがなくても、相続財産を処分等した場合には、相続を承認したものとみなされるおそれがあるので注意が必要です。

相続放棄に関しては、限られた時間内に必要な調査をして、相続するか否かの判断をしなければなりませんので、相続関係を得意とする弁護士にお早めにご相談されることをおすすめいたします。

名古屋で相続放棄やその熟慮期間に関してお悩みの際は、弁護士法人心にお気軽にご相談ください。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

相続は慎重に

弁護士が丁寧に相談にのらせていただきます

相続は,プラスの財産についても,マイナスの財産についても行われますので,相続によって多額の負債を負うということもあり得ます。

そういった債務を負いたくないという場合や,特定の相続人に相続財産を集中させたい場合などには,相続放棄を行うことがあります。

相続した方がよいのか否かの判断をするためには,相続に関する知識も必要となりますので,弁護士に相談されることをおすすめします。

弁護士法人心では,こうした相続放棄に関する弁護士へのご相談に関しても,相続に詳しい弁護士が承っておりますので,お気軽にご相談ください。

利便性のよい立地に弁護士法人心の事務所を設けています

身近な方が亡くなった場合,何かとすべきことが生じ忙しくなりますので,弁護士に相談する時間がなかなかとれないということもあるかと思います。

なかなか弁護士への相談の時間がとれないという場合でも,ご予約をいただければ夜間・土日祝などご都合のよろしい日時の弁護士へのご相談にも対応させていただけますので,時間を理由に弁護士への相談を迷っている方もご安心ください。

当法人は名古屋駅から近いところに事務所がありますので,お車を運転されない方でも安心して弁護士へのご相談のためご来所いただけます。

名古屋にお住まいの方やお勤めの方で,弁護士へのご相談をご希望の方は,まずは0120-41-2403までお電話ください。

お問合せ・アクセス・地図へ