名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心 <span>名古屋法律事務所</span>

障害年金の決定から支給まで

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2022年5月2日

1 障害年金の決定が出た後は何をすればいい?

障害年金を申請した結果、無事に支給を認める決定が出た場合、どのような流れで手続きが進むのでしょうか。

障害年金は、申請までが大変なので、申請の方法などに注目しがちで、決定が出た後のことは、あまり考えていなかったという方も少なくありません。

そこで、ここでは障害年金の決定が出た後の流れについて、ご説明します。

2 まずは年金決定通知書(年金証書)を確認

障害年金の支給が認められた場合、ご自宅に年金決定通知書(年金証書)が届きます。

年金決定通知書(年金証書)には、支給される年金の額が記載されています。

年金の基礎金額はもちろん、扶養家族がいる場合などの加算事由がある場合は、何円加算されるのかも記載されています。

年金決定通知書(年金証書)は、重要な情報が記載されているため、失くさないように注意しましょう。

3 いつ初回の年金が振り込まれるのか

年金の支給が認められた後に、一番気になるのは、初回の年金がいつ振り込まれるのかという点だと思います。

年金は、原則として偶数月の15日に振り込まれます。

仮に、15日が金融機関の休業日である場合は、その直前の営業日に振り込まれます。

もっとも、初回の年金については、奇数月に振り込まれることもあります。

奇数月に年金が振り込まれるかどうかは、年金の支給決定が出た時期によってことなるため、性格は日付を早く知りたい場合は、年金事務所に問い合わせをするとよいでしょう。

4 初回の年金は、いつの分の年金が振り込まれているのか

年金は、受給権が認められた月の翌月分から支給されることになっています。

いつ、受給権が認められたのかは、年金決定通知書(年金証書)に記載されています。

5 初回以降の正確な支払日や支払金額を知る方法

急ぎでなければ、年金事務所に問い合わせをしなくても、事後的に年金の支払時期や金額を知ることはできます。

年金が支給される月の10日頃に、年金支払通知書や、支給額変更通知書が届きます。

これらの書類には、いつ、何円振り込まれたのかが記載されています。

また、毎年6月に、年金振込通知書という通知が届きます。

年金振込通知書は、6月から翌年の4月までの支払金額が記載されています。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ