小牧の方の後遺障害の法律相談

弁護士法人心 名古屋法律事務所

後遺症・後遺障害に関する弁護士への相談をお考えの小牧にお住まいの方へ

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2020年8月3日

弁護士法人心では,ご加入中の保険に弁護士費用特約が付いていれば,それをご利用いただくことができます。

また,弁護士費用特約に加入されていない場合でも,後遺障害に関するご相談は原則相談料・着手金無料で承っていますので,金銭的な負担も少なく弁護士とご相談いただけるかと思います。

丁寧でわかりやすい説明を心がけておりますので,不安や心配事がある方は当法人の弁護士にご相談ください。

後遺障害についてのご相談はお電話でも承っておりますので,小牧にお住まいの方もご利用いただきやすいかと思います。

事務所までお越しいただいてのご相談をご希望の場合は,弁護士法人心 名古屋法律事務所がお近くとなります。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

後遺障害などの交通事故案件を得意としている弁護士が丁寧に相談にのらせていただきますので,不安や疑問がある方は,弁護士法人心 名古屋法律事務所にご相談ください。皆様のお悩みに対し,弁護士が真摯に対応いたします。

スタッフ紹介へ

後遺障害に関するお悩みを抱えている方が安心してご相談いただけるように,弁護士・スタッフ共に丁寧に対応いたします。弁護士法人心 名古屋法律事務所は多くの方にご利用いただきやすい名古屋駅の近くにありますので,お気軽にご相談ください。

弁護士法人心の事務所は駅の近くという便利な立地に設けています。交通事故関連のご相談は弁護士がお電話でお伺いすることも可能となっておりますので,ご都合のよい方法でご相談ください。小牧にお住まいの方もお気軽に弁護士法人心までお問合せください。

異議申し立てによって後遺障害が認定されるケース

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2020年8月3日

1 後遺障害の異議申し立てとは

交通事故に遭い,治療を続けても症状が残ってしまうことがあります。

加害者が自賠責保険に加入している場合,被害者は,残ってしまった症状が後遺障害であるという認定を受けるための申請を行うことができます。

申請が認められ,後遺障害に該当すると判断された場合は,認定された等級に応じて,慰謝料や逸失利益の補償を受けることができます。

しかし,申請をしたにもかかわらず,後遺障害には当たらないと判断されたり(非該当の判断),症状と比べて軽い等級しか認定されなかったりすることがあります。

その場合,認定結果に対して不服を申し立てることができます。

この手続きを「異議申し立て」といいます。

2 異議申し立てにより後遺障害の認定を受けるためには

認定結果が実際の症状と異なっており納得できないとしても,一度出された判断を覆すことは決して容易なものではありません。

原則として,新しい証拠や資料を提出せずに異議申し立てをしても,判断が変わることはほとんどありません。

特に,異議申し立てを保険会社に任せていた場合,判断を変更させるだけの適切な証拠や資料が提出されず,異議申し立てをしても結論が変わらない可能性が高いといえます。

異議申し立てを成功させるためには,必要な証拠や資料を収集することがまず必要です。

3 異議申し立てを検討している方は後遺障害を得意とする弁護士に相談を

異議申し立てにより適切な後遺障害の認定を受けるためには,きちんとした証拠や資料を収集し,その資料に基づき,自身の症状を主張していくことが必要になります。

さまざまな知識が要求されるところが多く,労力も大きいため,被害者自身が異議申し立ての手続きを進めてもなかなかうまくいかないこともあります

そこで,異議申し立てを行う際は,弁護士に相談することをお勧めします。

ご注意いただきたいのは,弁護士であっても全員が後遺障害に詳しいとは限らないということです。

ご相談の際は,実際に後遺障害のお悩みに日々取り組んでいる弁護士に相談することがとても大切です。

弁護士法人心 名古屋法律事務所は,後遺障害に関するお悩みの解決を得意としている弁護士が,ご相談を積極的に承っております。

小牧にお住まいで,弁護士をお探しの方は,お気軽にご連絡ください。

お役立ち情報(トップ)

弁護士等の専門家

交通事故

相続

離婚

刑事事件

債務整理

労働問題

消費者問題

会社設立

愛知の方へ

その他

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

後遺障害と損害賠償金

交通事故に遭った場合,相手方保険会社と様々なやり取りを行う必要があります。

最終的に保険会社と示談が成立すると解決となりますし,示談が成立しなかった場合は裁判で決着を着けることとなります。

この示談交渉に大きく関わってくるものが後遺障害です。

事故によって負ったケガが後遺障害として認められると,認定された等級によって,損害賠償金の金額が大きく変化します。

そのため,適切な申請を行って,症状に見合った等級を認定してもらうことが大切となります。

あまり知識がないままに申請を行ってしまいますと,低い等級しか獲得できなかったり,そもそも後遺障害として認定してもらえなかったりするおそれがあります。

そのまま示談に応じてしまいますと,それを後から覆すことは困難ですので,認定された等級に疑問を抱いた場合や,申請の仕方に不安がある方は,弁護士にご相談いただければと思います。

弁護士法人心は,皆様のお悩みに対し適切な対応が行えるように,後遺障害などの案件を集中的に取り扱っている弁護士らがチームを組んで相談に当たっています。

弁護士が申請や示談交渉をしっかりとサポートいたしますので,まずはご相談ください。

小牧にお住まいの方は,弁護士法人心 名古屋法律事務所がお近くとなります。

名古屋駅から徒歩2分の場所にあるため,電車でもお車でもお越しいただきやすいかと思いますので,弁護士への相談をお考えの方はお気軽にお問合せください。

お問合せ・アクセス・地図へ