名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

接見

接見とは,身体の拘束を受けている方と面会することをいいます。

身体の拘束を受けている場合とは,逮捕,勾留されている場合のことです。

身体の拘束を受けている被疑者・被告人は,弁護人又は弁護人となろうとする者と立会人なしに接見し,書類若しくは物の授受をすることができると,刑事訴訟法39条1項が規定しています。

これを接見交通権といいます。

逮捕,勾留された場合は,各警察署の留置場や拘置所に身柄を拘束されます。

この場合,警察署留置場や拘置所の係官が,被疑者・被告人と弁護人等との会話を傍受することは違法となります。

また,接見後,接見における弁護人との会話の内容を聴取することは,仮に被疑者が自発的に供述したとしても違法です。

弁護人等との接見交通権は,身体を拘束された被疑者・被告人が弁護人の援助を受けるための,刑事手続上最も重要な基本的権利といえます。

一方で,弁護人等以外の者との接見には立会人が付き,接見時間は政令に定めるところにより制限されます。

また,逮捕され勾留決定前の被疑者には,弁護人等以外の者との接見は認められていません。

逮捕された場合,勾留の決定がなされるまでの最大72時間,被疑者は,弁護人以外との面会が認められていないわけです。

さらに,弁護人等以外の者との接見は,裁判官又は裁判所が接見等禁止決定をしたときには許されなくなります。

このように,被疑者と弁護人との接見は,法律上尊重されており,適切な弁護活動を行う上で,とても重要なものです。

弁護士法人心では,刑事弁護も取り扱っておりますので,刑事問題でお悩みのご本人やご家族の方は,当法人の弁護士までください。

名古屋市近郊にお住まいの方ですと,名古屋駅法律事務所が便利だと思われます。

選ばれる理由へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

逮捕・勾留されてしまったら

弁護士と被疑者・被告人の接見というのは,これからの対応などを話し合い,弁護士が適切な弁護活動を行うためにも,非常に重要なものです。

そのため,弁護人以外の人との接見が認められていない場合でも,弁護人となった弁護士は被疑者・被告人の方と接見することが可能です。

もしも皆様や皆様の身近な方が逮捕・勾留されてしまった場合には,できるだけ早く弁護士にご相談ください。

早めに弁護士にご相談いただくことにより,早い段階から今後の対応などについて話し合いをさせていただくことが可能です。

弁護士法人心は名古屋市内に名古屋駅法律事務所など3ヶ所事務所がありますので,名古屋市内にお住まいの方にとって便利にご利用いただけます。

平日は夜の22時まで,土日でも夜の18時までご予約のお電話をおかけいただけます。

名古屋で弁護士への相談をご希望の方はぜひお早めにお電話ください。

普段から刑事事件を扱っている弁護士が,皆様や皆様の身近な方の刑事問題を親身になって弁護させていただきます。

突然の逮捕・勾留に頭が真っ白になっている方もいらっしゃるかと思いますが,弁護士が丁寧にご説明をさせていただきますし,スタッフもしっかりとサポートさせていただきますので,ご安心して弁護士にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ