名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心

刑事事件に関するQ&A

刑事事件を起こした場合,必ず前科がつきますか?

不起訴処分になれば,前科は付かず,罰金を払ったり,刑務所に行ったりすることはありません。

1 不起訴処分とは

刑事事件を起こしても,被害者と示談ができたり,被害が軽かったり,前科がなかったり,様々な事情を考慮して,刑事裁判を起こして,前科をつける必要はないと検察官が判断すれば,不起訴処分となります。

正確には,刑事事件を起こしたことを認めていれば,起訴猶予処分と呼ばれている処分です。

これは,いわゆる前歴が残る処分になりますが,裁判は行われず,一般生活への不利益はほとんどありません。

2 弁護人の役割

刑事事件において不起訴処分を獲得しようとする場合,弁護人の役割が非常に重要となります。

特に,示談交渉においては,弁護士が果たす役割は非常に大きいものといえます。

3 まとめ

刑事事件で不起訴処分を目指す場合,弁護士に依頼することをお勧めいたします。

弁護士法人心では,刑事事件に関するご相談も随時受け付けております。

弁護士法人心は名古屋駅すぐの場所に事務所を設けております。

名古屋で刑事事件に関して弁護士をお探しの方は,一度弁護士法人心にご相談ください。

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア