名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

過払い金

詳細につきましては,以下のサイトをご覧ください(以下のボタンをクリック)。

選ばれる理由へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

過払い金につく利息

1 過払い金と利息

過払い金には,ほとんどの場合,年5%の利息がつきます。

過払い金返還請求権は,払う義務がないのに支払いをしたものの返還を請求するものになりますので,法律上は,不当利得返還請求権と呼ばれます。

この不当利得返還請求権には,相手方が,法律上の原因がなく支払われたものであることを知っていた場合には,年5%の利息を付けて返還する義務が生じます。

そのため,過払い金を受け取っていた貸金業者等が,過払い金が発生していることを知りながら支払いを受けていた場合は,払いすぎた金額だけでなく,それに年5%の利息を付けて返還しなければならないことになります。

2 過払い金とみなし弁済

昔は,貸金業法のみなし弁済という規定があり,厳格な要件を順守していた場合には,年29%まで払った部分については,受け取ることができると規定されていました。

しかし,ほぼすべての貸金業者やクレジット会社は,この厳格な要件を順守していませんでした。

そのため,現在では,このみなし弁済が認められることはまずありません。

そして,最高裁判所は,年5%の利息を付さなくてよい場合,すなわち,貸金業者等がみなし弁済が認められると信じていたと認められるためには,みなし弁済が適用されると信じたことについて「特段の事情」がある必要があると判断しました。

平成29年3月31日時点において,この「特段の事情」が認められることが認められることはほとんどないと言えます。

そのため,過払い金返還請求においては,ほぼ全ての場合において,年5%の利息を付して請求することができます。

3 過払い金の金額を伝えられたときの注意点

ただ,貸金業者等は,過払い金自体は返還するとしても,年5%利息の部分については払わないと主張してくることが多いです。

そのため,過払い金返還請求を受ける弁護士等についても,貸金業者等ともめることを嫌がり,依頼者に年5%の利息の存在自体を伝えないところもあるようです。

そのため,過払い金の金額を伝えられたときは,5%の利息分も含まれている金額かどうか,必ず確認しましょう。

4 過払い金の利息についてのまとめ

過払い金は年5%の利息を付けて請求する権利があるといえます。

ただし,この部分も含めてきっちり返還してもらおうとすると争いになり,裁判が必要な場合もあります。

裁判になれば,ほとんどの場合,年5%の利息も認められることになります。

弁護士法人心では,裁判すべきかどうかについてはもちろんアドバイスさせていただいておりますが,基本的には,依頼者様とご相談させていただき,方針を立てさせていただいております。

弁護士法人心は,名古屋駅すぐの場所に事務所があります。

過払い金についての相談の相談料は無料ですので,まずは,お気軽にご相談ください。

過払い金返還請求をしてから返還されるまでの期間

債務整理の相談を受ける場合,中には,過払い金が発生している場合があり,過払い金の返還を求める場合,返還されるまでにどれくらいの期間を要するのか聞かれることが多々あります。

一般的な手続きの流れは以下のとおりです。

1 履歴の取り寄せ

貸金業者に対し取引履歴の開示を求めます。

業者によりますが,開示されるまでに約1~2か月程度要します。

2 引き直し計算

取引履歴が開示されたら,適法金利で計算をします。

これを引き直し計算などと呼ぶことが多いと思います。

3 過払い金の返還請求及び示談交渉

引き直し計算をし,過払い金が発生していれば,貸金業者に過払い金の返還を求め,示談交渉を行います。この期間が約1~2か月程度です。

4 示談成立,または,裁判手続きへ

示談が成立すれば,入金を待つこととなりますし,示談が不成立となれば,裁判手続きを取ることとなります。

示談成立となった場合,入金までの期間は貸金業者によりさまざまです。

示談成立から1~2か月程度で返還してくる業者もあれば,10か月程度要する業者もあります。

業者の経営状況等によっても大きく異なるところにはなります。

また,裁判となった場合には,判決が出されるまでに半年程度はかかります。

もちろん,裁判中であっても,和解交渉を行うことが大半かと思います。

このような流れで過払い金返還請求を行うこととなります。

自分で過払い金の返還を求めるのか,弁護士等の専門家に依頼するのかによって,上記の流れの速度が変わってくると思われます。

引き直し計算とその前提となる入力作業は,手間のかかる作業です。

慣れていない人が行う場合には,相当の時間を要することが考えられます。

さらに,蓄積されている最高裁判所の考え方も反映させる必要もあります。

一方,債務整理の経験が豊富な法律事務所等であれば,引き直し計算作業をスムーズに行うことができます。

また,実績の多い法律事務所であれば,示談交渉において,業者ごとにどの程度の割合・期間で返還されているか熟知しており,示談をした方がよいのか,裁判手続きを取った方がよいのか,速やかに判断することができます。

また,裁判に出す書類についても分かっておりますので,スムーズに行うことができます。

そのため過払い金の返還を求める体制や実績のある法律事務所へ相談されることをお勧めします。

名古屋で過払い金返還請求をお考えの際は,弁護士法人心にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

弁護士法人心が過払い金を無料で診断します

消費者金融等の貸金業者から借金をして,長い間高い利息を支払い続けていた場合,過払い金が発生している可能性があります。

過払い金が発生するかしないかは,利率や返済期間によって変わってきますので,どれだけのお金を借りて,何年間,利息何%で返済していたのかを把握したうえで,正確に計算をする必要があります。

これは,借金をされた方が,ご自身でやるには,負担の多い作業です。

過払い金の計算や過払い金返還請求を行いたい場合は,弁護士に相談するという方法があります。

弁護士法人心では,過払い金が発生しているかどうか分からない方のために「過払い金無料診断サービス」も行っておりますので,弁護士への依頼をお考えの方もまだ迷っている方も,ぜひ一度ご利用いただければと思います。

もし,過払い金が発生しているのであれば,弁護士への相談料・着手金は原則として0円で,成功報酬18%で過払い金の回収にもご協力させていただいております(消費税別途,完済案件の場合)。

過払い金の回収を効果的に行うには,各貸金業者の交渉スタイルや経営状態など最新の情報を把握した弁護士が交渉を行う必要があります。

弁護士法人心では,過払い金の回収に関する情報収集を徹底的に行い,弁護士がノウハウを蓄積しております。

弁護士法人心の事務所も,名古屋のお客様においでいただきやすいように,名古屋駅から徒歩2分の場所に設けてございますので,ぜひ一度,お気軽にご連絡ください。

詳細につきましては,弁護士法人心名古屋駅法律事務所が名古屋の方向けに運営しております「過払い金専用サイト」をご覧ください。

過払い金のことは弁護士に相談しましょう

過払い金とは、債務者が貸金業者に返し過ぎたお金のことをいいます。

過払い金返還請求とは、業者に対し返済をし過ぎていた分を返してもらうことです。

「返済のし過ぎなんてあり得ない」と思う方が多いのではないかと思いますが、 実際には、借金の額が大幅に少なくなる、あるいは、借金がなくなるどころか、多額のお金を返してもらえる場合も少なくないのです。

当事務所においては、弁護士による過払い金の回収(和解交渉、裁判、強制執行)のほか、過払い金の計算サービス等も行っております。

返ってくる見込みの金額を聞いてから,弁護士に相談するかどうかを決めることも可能です。

弁護士への相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ