弁護士による相続相談【弁護士法人心 名古屋法律事務所】

弁護士による相続相談@名古屋駅

  1. 高度な専門性を追求するために「相続チーム」で徹底研究

    医師の業務でも、内科の医師が脳外科の手術を行わないように、弁護士法人心では・・・


    続きはこちら
  2. 弁護士歴38年、家庭裁判所の調停委員歴12年の経験を生かして対応

    遺産分割や遺留分減殺請求などの相続案件を適切に解決するためには、仮に裁判や調停・・・

    続きはこちら
  3. 弁護士・税理士がワンストップサービスを提供

    相続では、弁護士だけではなく、税理士などの複数の専門家が必要です。・・・


    続きはこちら
  4. コミュニケーションを最重視で対応

    弁護士法人心では、お客様とのコミュニケーションを最も大切にしています。・・・

    続きはこちら
  5. 相続の不安を速やかに解消

    弁護士法人心では、お客様が納得いくまで質問し、少しでもご不安を解消いただければ・・・


    続きはこちら

選ばれる理由一覧はこちら

お客様相談室

Q&A一覧はこちら

相続や弁護士法人心のことに関して,Q&Aをまとめております。弁護士法人心にご相談いただくにあたって,こちらのQ&Aが少しでもご参考になりましたら幸いです。相続に関して何か疑問や問題がある方は,弁護士法人心にご相談ください。

お役立ち情報一覧はこちら

相続に関して知識がないことについて,不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。そうした方々にご参考にしていただくため,弁護士法人心 名古屋法律事務所がこちらのページでお役立ち情報をまとめております。相続に関心のある方はご一読ください。

  • 選ばれる理由へ

弁護士紹介へ

弁護士法人心に所属している弁護士の中には,これまでに数多くの相続に関するご相談を承っている弁護士がいます。また,弁護士だけでなく,他の専門家の知識も総合してご相談に対応させていただくこともできますので,より安心してご相談いただけます。

スタッフ紹介へ

弁護士法人心では,ご依頼者様のお気持ちに寄り添った対応を心がけています。ご相談中,何か心配なこと,つらいことなどがありましたら,お気軽にお声がけください。弁護士はもちろん,スタッフもしっかりと皆様をサポートさせていただきます。

弁護士法人心は名古屋駅の近くに事務所がありますので,電車で事務所までご来所いただけます。お仕事が終わってから弁護士へのご相談のためにご来所いただくこともできますので,まずはお電話ください。日程調整をさせていただきます。

新着情報

新着情報はこちらからご覧いただくことができます。弁護士法人心に相続に関するご相談をいただく場合には,まずはフリーダイヤル0120-41-2403におかけください。夜間や土日のご相談も承っております。

相続に関する弁護士と他士業との違い

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2021年3月18日

1 弁護士はすべてできる

相続に関する手続には、主に、①相続財産・相続人の調査、②遺産分割協議書の作成、③代理人として他の相続人と交渉、④裁判所を通じた調停・審判・訴訟、⑤相続放棄、⑥不動産の相続登記、⑦相続税申告(※)などの手続きがあります。

弁護士は、これらすべての手続きを行うことができます。

※相続税申告は、国税庁に通知を提出している弁護士か、税理士登録をしている弁護士に限られます。

2 司法書士ができる相続手続き

司法書士は、①相続財産・相続人の調査、⑥不動産の相続登記を行うことができます。

他の相続手続きは、原則として行うことができません。

例外的に、②遺産分割協議書の作成は、⑥不動産の相続登記を行うために、相続人間ですでに話し合って決まった内容を文書化することであれば可能です。

また、司法書士のなかには、⑤相続放棄を行っている者もいるようですが、司法書士は相続人の代理人として手続きを行うことはできませんので、あくまでもできることはアドバイスやサポートにとどまる点には注意が必要です。

3 行政書士ができる相続手続き

行政書士は、①相続財産・相続人の調査を行うことができます。

他の相続手続きは、原則として行うことができません。

なかには、②遺産分割協議書の作成を有料で行っている者もいるようですが、有料で法律相談を行うことが許されているのは弁護士だけです。

弁護士以外の者が有料で法律相談を行うと弁護士法違反となります。

そのため、行政書士の作成することのできる遺産分割協議書は、あくまでも相続人間ですでに決めた内容を文書化するだけにすぎず、相続人に対してアドバイスを行うことはできません。

行政書士のなかには、この点を正確に理解せず、誤ったアドバイスを行っている者もいるようですので、注意が必要です。

4 税理士ができる相続手続き

税理士は、①相続財産・相続人の調査、⑦相続税申告を行うことができます。

それ以外の手続きは原則として行うことができません。

例外的に、②遺産分割協議書の作成は、相続税申告のために必要な範囲でのみ、作成することができます。

5 弁護士法違反・非弁行為を行う専門家にご注意

以上のように、相続に関する手続をすべて行うことができるのは弁護士だけです。

最近では、弁護士法違反または弁護士法違反になるかならないかギリギリのラインで相続の専門家などと自称して手続きを行う者もいるようですので、相談先を選ぶ際には十分ご注意ください。

弁護士法人心はどうして相続案件を得意としているのか

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2021年1月13日

1 相続案件を集中的に取り扱う弁護士が担当

弁護士のなかには、一人であらゆる分野を担当する弁護士もいますが、弁護士法人心では弁護士が担当する分野をしぼっています。

これは、お医者様も外科・皮膚科・内科・循環器科・整形外科などの専門分野に分かれているように、弁護士も各分野にしぼって担当した方が、圧倒的な経験を積むことができるからです。

弁護士法人心の相続チームに所属する弁護士は、相続案件を集中的に取り扱っておりますので、相続案件の解決を得意としています。

2 家庭裁判所の家事調停委員歴12年の弁護士も所属

弁護士法人心の相続チームには、相続案件を中心に取り扱っていた家庭裁判所の家事調停委員歴12年を超える弁護士が所属しています。

弁護士法人心では、その弁護士も入った部会を定期的に開催しており、培ったノウハウ・経験を共有し、調停員・裁判官の考え方を学ぶことで、より良い解決を目指しています。

3 税の観点からもご提案

弁護士法人心が所属する心グループには、税理士法人心も所属し、相続案件を主に取り扱っている税理士が所属しています。

相続案件で本当により良い解決を目指すのであれば、相続税の観点を切り離すことはできません。

弁護士法人心の弁護士は、遺言書の作成・遺産分割協議書の作成などの場合も、相続税を考慮に入れることで、税金の観点でもご満足いただける解決方法をご提案させていただいています。

相続を弁護士に依頼する場合の費用

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2021年3月30日

1 ご相談料

多くの場合,弁護士に依頼するかどうか決める前に法律相談を行い,現在のご自身の状況を法的に整理し,解決策を検討します。

その際に,通常は法律相談料がかかります。

通常は,30分5500円(税込)のところが多いようですが,弁護士事務所によって,初回30分は無料,初回相談は1時間無料,初回に限らず相続案件は何度でも相談無料など,法律相談料も異なりますので,まずはお電話でご確認ください。

2 着手金

遺産分割協議や遺留分侵害額請求訴訟などを依頼される場合,弁護士が案件に着手するための費用として,「着手金」という費用がかかることがあります。

日本弁護士連合会が定めていた旧報酬基準では,最低でも10万円程度かかるところが多かったようです。

着手金は,弁護士が案件解決のために関連法令や裁判例,専門書籍等を調査するのにかかる調査費としての側面もあります。

ですので,相続案件を集中的に取り扱っている弁護士事務所であれば,一から調査する必要もないため,着手金は無料のところもありますので,ご相談時に弁護士にご確認ください。

3 報酬金

遺産分割や遺留分侵害額請求などの案件が無事に解決すると,報酬金を支払うことになります。

案件で得た経済的利益の何%+αという方法で定められているところが多いようです。

ご参考までに日本弁護士連合会が定めていた旧報酬基準では,経済的利益の額が300万円以下の場合は16%,300万円を超え3000万円以下の場合は10%+18万円,3000万円を超え3億円以下の場合は6%+138万円,3億円を超える場合は4%+738万円と定められていました。

現在は,報酬が自由化されたため,この旧報酬基準を用いているところもあれば,独自に報酬を定めている事務所もあり,様々です。

また,相続人の人数や住んでいる場所が遠方かどうか,財産の内容や交渉だけで終わるのか裁判手続きまで行うのかなどによっても異なりますので,ご相談時に弁護士に確認し,必要であればお見積もりや計算方法を示してもらうことをお勧めします。

4 その他

その他にも,通常,出張や裁判所に出廷した場合の出廷費用,印刷費用や裁判所に書類を提出するためのFAX代や郵送費用,交通費などの実費がかかりますので,この点もご依頼される際には,契約書にきちんと明記されているか確認しましょう。

相続に詳しい弁護士の探し方

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2020年9月17日

1 相続分野を集中的に取り扱っている

弁護士を選ぶ際には,単に「取り扱ったことがある」という程度ではなく,「相続分野を集中的に取り扱っている」弁護士を選ぶべきです。

弁護士はどんな法分野でもできると思われがちですが,弁護士にも得意とする分野・不得意とする分野があります。

日本では,いまだに,相続だけでなくあらゆる分野を扱う弁護士が多いのが現状です。

しかし,それでは経験数も増えませんし,案件を受けるたびに毎回最新の情報を調べ,勉強し直すことになりますので,時間もかかります。

相続分野のみを集中的に取り扱っている弁護士であれば,短時間でありながらハイクオリティな業務が提供できますので,依頼する弁護士が相続分野を集中的に行っているかどうかを確認すべきです。

2 初回の相談で解決までの道筋を提案・説明してくれる

相続案件の経験の多い弁護士であれば,初回にご相談いただいた際に,ご相談者ごとの今後の流れ・解決までの道筋が見えますので,遠慮無く質問し,説明を求めましょう。

特に,解決までにかかる期間の目安や手続きの内容の説明を丁寧に行ってくれるか確認することが大切です。

3 法律・判例だけでなく不動産・税金・登記など相続に関連する分野にも詳しい

相続案件では,法律・裁判例・判例のことだけでなく,土地や建物の評価の方法,相続に関係する税金の理解,不動産の登記に関する知識について精通していなければ,「解決はしたもののすごく高額な税金を負担せざるを得なくなった。」,「土地を相続することはできたけど,売却できないような不人気な土地だった。」,「農業委員会の許可が簡単には取れず,宅地として転売するためには非常に手間のかかる地域だった。」ということになりかねません。

相続に詳しい弁護士であれば,当然,相続に関わるこれらの周辺領域に関しても精通していますので,その点も質問し,説明を求めて確認しましょう。

弁護士に相続相談をするべき理由

1 相続の相談先

最近では,弁護士以外にも行政書士や司法書士,税理士が相続の相談窓口を設けているようです。

2 弁護士と他の専門家の違い

弁護士は,遺産分割協議の代理人,遺産分割調停,訴訟等どのような法律行為でも行うことができます。

しかし,他の士業は,遺産分割協議の代理人,遺産分割調停,訴訟のいずれも行うことができません(一部,司法書士は例外もあります)。

相続では,調停や訴訟になったときのことも踏まえて手続きを進めなければ,効果的な対策は取れません。

例えば,遺言書を作成する際も,どのような場合に調停や訴訟になり得るのかを正確に理解して作成しなければ,かえって遺留分減殺請求等の争いを引き起こす内容になりかねません。

その点を考慮して相続手続きを行うことができるのは弁護士だけですので,争いを避けるためにも弁護士に相談するべきです。

3 どのような弁護士事務所に依頼すべきか

弁護士のなかでも,相続を得意とする弁護士事務所に依頼するべきです。

特に,税理士も一緒に事務所に所属している弁護士事務所がお勧めです。

税理士が一緒に所属している弁護士事務所であれば,相続案件を対応する際に,紛争予防だけではなく,相続税対策も一緒にできますので,弁護士・税理士が所属している弁護士事務所に相談しましょう。

4 弁護士法人心のご紹介

弁護士法人心は,名古屋市をはじめとした東海地方に広く展開させていただいている弁護士事務所です。

弁護士法人心では,相続のご相談について,「相続チーム」の弁護士が対応させていただいております。

「相続チーム」には,家庭裁判所の家事調停委員を12年も務めた元調停委員の弁護士を中心に,相続案件を集中的に取扱い,ノウハウを蓄積することで安心してご相談いただける環境を整えております。

弁護士法人心の事務所は名古屋駅の太閤通南口から徒歩2分のところに設けさせていただいておりますので,名古屋市やその周辺地域にお住まいの方は,お気軽にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

相続のお悩みは弁護士法人心にご相談ください

相続においては,何かとトラブルが生じてしまうことがあります。

相続でトラブルが生じるのは残された金額が大きい時だけと思われるかもしれませんが,たとえば土地や物など,分けにくいものが残された時などにも,問題が生じてしまうことがありますので、注意が必要です。

相続トラブルが生じている場合,ご本人同士では話し合いがうまく進まないということも珍しくはありません。

問題を整理して,できるだけスムーズに相続を進めるためにも,一度弁護士にご相談ください。

弁護士法人心には,相続問題を多数扱っている弁護士がいます。

弁護士が皆様の抱えている相続問題についてしっかりとお伺いしたうえで,解決に向けてのご提案をさせていただきます。

また,たとえ揉めごとが生じなかったとしても,相続の手続きでどうしたらよいかわからないようなことが多数あり,お困りになっている方も多いのではないでしょうか。

中には,これから先ご自分の財産をどのように相続させたいかということについてお考えになっている方もいらっしゃるかと思います。

そういった場合も,弁護士法人心にご相談ください。

弁護士法人心では,相続に関する調査や手続き,遺言書の作成等につきましても承っています。

弁護士法人心は,名古屋駅すぐのお越しいただきやすい場所に事務所があります。

名古屋で相続に関するお悩みがある方は,まずはフリーダイヤルにてご相談のご予約をお取りください。

お問合せ・アクセス・地図へ