交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

「保険」に関するお役立ち情報

自賠責と任意保険

最低限の補償をする自賠責

自賠責(自動車損害賠償責任保険)は,法律によって,全ての自動車(原動機付自転車を含む)に加入が義務付けられています。

もし交通事故が起きた時,保険がなく,加害者に支払能力もなければ,被害者は賠償を受けることができません。

そこでこの制度は,そうした泣き寝入りを防ぎ,交通事故の被害者に最低限の補償をするために作られています。

よって,物的な損害には保険金は支払われません。

また,人的な損害についても,支払の限度額が定められています。具体的には,治療費,休業補償,入通院慰謝料等が合わせて1人あたり120万円まで,後遺障害による損害(慰謝料,逸失利益を含む)が4000万円まで(常時介護が必要な場合),死亡による損害(葬祭費,慰謝料,逸失利益を含む)が3000万円までです。

不足分をカバーする任意保険

任意保険とは,自分の意思で加入する保険で,自動車を運転する人の大多数が加入していると言っていいでしょう。

自賠責が被害者の損害額を支払い切れない部分を,支払います。

支払額の多い少ないをめぐって弁護士に相談する場合,その相手方は,主にこの任意の保険会社です。

任意保険のいろいろ

任意保険は,どのような損害を補償するかによってさまざまな契約の形態があり,これらが組み合わされて販売されています。

主なものを挙げると,他人を死傷させたり,物を壊したりした場合に適用される「対人・対物賠償保険」,契約車に乗っている人が死傷した場合に適用される「搭乗者傷害保険」や「人身傷害保険」,単独事故や相手に責任がない事故に適用される「自損事故保険」,相手が保険に加入していない場合や,加入していても補償額が少ない場合に適用される「無保険車傷害保険」,自分の車の損害を補償する「車両保険」があります。

請求の方法

通常の交通事故では,相手の任意の保険会社が窓口となって,自賠責と任意保険の両方の保険金を被害者に支払う「一括払い」という手続きが一般的です。

この場合,任意の保険会社は一旦自賠責の保険金を立替えて支払い,後から,立て替えた分を自賠責の保険会社から受け取ることになります。

この一括払いは,任意保険の対象外の事故である場合や,事故の損害が自賠責の支払範囲内である場合は使えません。

一方,被害者の方から自賠責に直接請求する方法もあります。

請求を受けた自賠責の保険会社は,自賠責損害調査事務所という公的な機関に調査を依頼し,審査の結果,支払額が決定されます。

一括払いの手続きをしていたが,任意の保険会社との示談交渉が長引きそうで,生活資金に余裕がない場合には,先に自賠責に被害者請求をして,早期に自賠責の保険金支払いを受けるのが得策と言えます。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

この違い,おぼえていますか?

当サイトは,名古屋にあります弁護士法人心名古屋駅法律事務所が名古屋などの交通事故被害者の方に向けて様々な情報を発信しておりますサイトです。

こちらでは,「自賠責と任意保険」に関して,その違いや詳細などをご説明させていただいております。

自賠責と任意保険の違いに関しては自動車教習所などでもならったことがあるかもしれませんが,保険に加入する時かこのように被害にあった時くらいしか,あまり気にする機会もないのではないでしょうか。

簡単にご説明させていただきますと,自賠責というのは被害者に対して最低限度の保証をするシステムのことで,人的な被害のみを補償します。

それに対して任意保険は自賠責では不足となってしまう部分をカバーするためのもので,こちらは「任意」と名前がついている通り,加入するかしないかは自由です。

任意保険にはいろいろと種類があり,それによって補償できる範囲と言うのは異なっています。

もしも私どものような弁護士にご相談をいただいた場合,基本的にはこちらの任意保険の支払額に関して保険会社と交渉することになります。

もしも相手方の保険会社から提示された賠償額に納得がいかない場合は,ぜひ一度名古屋にあります当法人の名古屋駅法律事務所までご相談ください。

交通事故の案件については名古屋から離れた地域のものでもお電話による相談で対応できる場合がありますので,名古屋以外の方も一度ご予約のお電話をおかけいただければと思います。

お問合せ・アクセス・地図へ