名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

契約書作成

契約書は,ただ作成すればよいというものではありません。

様々なリスクを想定・検討した上で,相手と合意が得られる形で明文化しなければならず,法律の知識に加えて,柔軟な発想や戦略的な思考も必要になります。

専門家と言われる人が作った契約書でも,ひな形を少し手直しした程度で実態に即しておらず,いざトラブルが生じたときに適切に解決できないというケースも少なくありません。

契約書を作成するのであれば,契約書作成に強い弁護士に依頼して,将来にわたって自分の権利を守ってもらえる契約書を作成することをおすすめいたします。

当法人では,弁護士が,具体的なご事情を詳しくお聞きし,想定されるリスクを徹底的に検討した上で,相手方との関係性をも考慮し,最善と考えられる契約書を作成いたします。

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

後々トラブルが生じないような契約書を作成するためには,契約の内容に沿った契約書を作成することが重要です。適切な契約書を作成するためにも,注意しなければいけない点等を法律の観点から判断できる弁護士にご相談ください。

スタッフ紹介へ

弁護士法人心へのご相談をお考えの方は,まずは初めてのお客様専用ダイヤルにお電話ください。弁護士とのご相談日時の調整等に関してスタッフが対応させていただきます。契約書の作成に関するご相談も承っておりますので,お気軽にお問合せください。

対応エリア

法律の知識を有していたほうが,過不足ない契約書を作成できるかと思いますので,まずは弁護士にご相談ください。当法人は,お越しいただくご負担をできる限り軽減できるように,利便性のよい場所に事務所を設置しています。お気軽にご利用ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

契約書の作成は慎重に

当法人には,契約書作成をサポートする弁護士も所属しています。

「弁護士に頼まなくても,自分で契約書を作成できる」という方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん弁護士に頼まずご自分で作成することもできますが,簡単に考えていると失敗してしまうおそれもあります。

重要な契約をする場合には,通常,契約書を作成します。

その際,ネットや本でみつけたひな型をそのまま使用していませんか。

契約書は,契約内容を明確にするために作成します。

契約の内容は,契約ごとに異なりますので,ひな型をそのまま使用してしまうと,本来の契約内容とは異なった内容の契約書が作成されてしまう可能性があります。

契約書は,後日,取引上の何らかの問題が生じた場合に,契約の内容を証明する重要な証拠になります。

そのため,自分が考えていた契約の内容とは異なる内容の契約書が作成された場合,取り返しのつかない事態が生じてしまう可能性があります。

そういうつもりではなかった,本当はこういう契約なのだ,といくら主張しても,認められないこともあるでしょう。

その結果,本来想定していた利益がえられなかったり,損害賠償請求をされたりするかもしれません。

安心して会社経営をするために弁護士に相談しましょう

そういったリスクを回避するためには,弁護士に契約書の確認を依頼したり,契約書の作成を依頼したりするとよいでしょう。

弁護士に相談して契約内容を正確に契約書に反映させることで,安心して会社経営ができるようになります。

重要な契約をする際には,弁護士にご相談されることをおすすめいたします。

弁護士に相談して安心して会社経営を行いたい,そうお考えの名古屋の会社の社長様,当法人の弁護士にぜひご相談ください。

名古屋駅法律事務所や本部は名古屋駅からとても近いところにあり,弁護士へのご相談の際もとても便利です。

お問合せ・アクセス・地図へ