名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

弁護士法人心の業務内容

Pick Up サービス

選ばれる理由へ

弁護士紹介へ

当法人には様々な分野を取り扱う弁護士が揃っておりますので,幅広い法律問題をご相談いただけます。当ページでは,弁護士法人心の弁護士が取り扱っているそれぞれの業務内容について簡単にご紹介しております。

スタッフ紹介へ

弁護士法人心のスタッフが,皆様と弁護士の架け橋として皆様をしっかりとサポートさせていただきます。こちらから,当法人に所属しているスタッフの紹介をご覧いただけます。

対応エリア

完済した方の過払い金や,交通事故被害・後遺障害に関しましては全国対応をすることが可能です。そのほかのお悩みに関しても,名古屋駅付近など駅から近い所に事務所がありますので,お仕事帰りなどにもご来所いただけます。

民事訴訟について

1 民事訴訟の始まり

民事訴訟は,訴訟の相手方に対して,どういった理由に基づいて何を請求したいのかを記載した訴状,証拠,訴訟提起に必要な印紙や郵券等を裁判所に提出することから始まります。

訴訟はどの裁判所にでも提起できるわけではなく,管轄が決まっています。

例えば,交通事故による損害賠償を求める訴訟を提起する場合には,原告か被告の住所地や交通事故が起きた場所が名古屋市の場合には,名古屋地方裁判所(請求する金額が140万円以下のときは名古屋簡易裁判所)に提起することができます。

訴訟を提起した者を原告,提起された者を被告といいます。

被告によく似た言葉に被告人という言葉がありますが,被告人は刑事裁判で起訴された者を指します。

2 送達から判決まで

訴状等が裁判所に受け付けられると,裁判所から第1回期日を調整するための連絡があり,その後に訴状や証拠の写しが被告に送達されます。

第1回期日は,被告の都合を確認せずに調整していることが多いため,法律上,被告は欠席しても良いことになっています。

ただし,答弁書という被告の言い分を記載した書面を提出しなければ,訴状に記載していることを認めたものとして扱われ,判決が出されてしまいますので,注意が必要です。

第2回期日以降は,原則として欠席することはできません(簡易裁判所の事件を除く)。

訴訟では,原告と被告がお互いの言い分を書面で主張し合うことで,言い分が食い違っているところ(争点)を明らかにしていきます。

その上で,必要に応じて裁判所から和解の打診がされたり,当事者尋問・証人尋問が行われたりします。

弁護士に依頼をしている方は期日に出廷する必要がありませんが,当事者尋問の際には出廷する必要があります。

和解が成立すると,訴訟は終了しますが,そうでない場合は最終的には裁判所が判決をします。

3 判決後

判決の内容に不服があるときは2週間以内に控訴することも可能です。

原告と被告のいずれもが控訴しなければ,判決は確定します。

もっとも,判決が確定しただけでは,判決の内容が実現するわけではありません。

例えば,被告に対し,原告への金銭支払いを命じる判決が言い渡されたとしても,被告が応じないこともありますので,そのような場合には,別途,民事執行の手続き(差押え等)を行うことになります。

4 民事訴訟について弁護士に依頼

民事訴訟において,的確に主張・立証を行うためには,法律の知識が必要です。

弁護士法人心名古屋駅法律事務所では,様々な案件に携わってきました。

名古屋で民事訴訟に関してお悩みの方は,弁護士法人心名古屋駅法律事務所までお問い合わせください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

弁護士法人心の業務内容のページです

弁護士法人心名古屋駅法律事務所の「業務内容」ページヘ,ようこそ。

弁護士,とひとことで言っても,どの法律分野を取り扱っているかは様々です。

一人の弁護士が,数多くある分野全てに対して一定以上の経験を積み,新しい知識も常に獲得している……というのは,あまり現実的ではありませんので,やはりどうしても,弁護士にはそれぞれ取り扱い分野や得意としている分野はあるかと思います。

相談しようとしている弁護士事務所が何を取り扱っていて何を得意としているのかを確認しておかないと,場合によっては依頼しようと思っていた弁護士から「それはちょっと詳しくないので……」と言われてしまうおそれもあります。

弁護士法人心の場合は,こちらにありますように様々な分野を取り扱っておりますので,安心して弁護士にご相談いただくことが可能です。

といっても,一人の弁護士が全ての分野を取り扱っているというわけではありません。

当法人では,様々な分野に関して皆様に納得していただける高いクオリティーを維持するため,担当制という,自身の扱う分野に対して各弁護士が集中的に経験を積むことができるシステムを用いております。

そのため,当法人の弁護士は,たとえば交通事故なら交通事故の案件を,過払い金なら過払い金の案件をそれぞれが集中的に担当して,経験や知識を獲得しています。

当ページから,それぞれの分野についての簡単な説明をご覧いただくことができますので,弁護士へのご相談をお考えの方はそちらもぜひご一読ください。

個人の方も法人の方も弁護士にご相談いただけます

また,弁護士法人心では個人の方のご相談のほかに,企業の方の弁護士へのご相談も承っております。

企業の方のご相談には時に法律の分野以外の知識が必要となることもありますが,その場合は弁護士だけでなく弁護士法人心と協力関係にある税理士法人心や心経営からの意見を聞くこともできます。

もちろん,個人の方の弁護士へのご相談に関しましても,必要があればそのような対応をさせていただきます。

難しい問題に関しても可能な限りワンストップで対応させていただきますので,名古屋周辺で法律の問題にお悩みの方は,名古屋駅すぐ近くにある弁護士法人心名古屋法律事務所までご相談ください。

会社関係全般

会社を作りたい。取引先が代金を支払ってくれない。取引先が倒産してしまった。トラブルが起きないように契約書を作っておきたい。事業を後継者に承継したい。労務トラブルも心配だ。

会社が経営を行っていくためには、様々な法律問題を避けて通ることはできません。些細なことでも結構ですので、弁護士による法律に関するアドバイス等を必要とする場合には当事務所にお問合せください。

また、今は、何も問題はない。でも、将来のトラブルが心配だ。トラブルが起きる前もしくは起きたあとにすぐに弁護士に相談したい。そんな要望にお応えするために、弁護士法人心では顧問業務も行っております。

お問合せ・アクセス・地図へ