名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

退職金と財産分与

離婚をした場合,夫婦だった一方は,相手方に対して,財産の分与を請求することができます。

夫婦が婚姻中に作った財産は,夫婦が協力して築いたものですから,たとえ特定の財産が一方の名義となっていても,実質的には夫婦の共有財産といえます。

そのため,夫婦でなくなった二人は,共有財産の清算をするために,財産分与をするのです。

財産分与の対象となるのは,婚姻共同生活の解消時点に存在している財産です。

財産の種類は,不動産,家具,自動車,株式,預貯金,現金等です。

婚姻共同生活の解消時(離婚時または別居時),すでに退職金の給付を受けている場合,退職金は,財産分与の対象となり,その額は,婚姻期間と勤務年数から算定します。

将来,受給することになる退職金については,当然には財産分与の対象とはなりません。

退職金の給付の有無やその額は,社会情勢,経済状況,会社の業績等によって変化し,予測することが困難だからです。

また,夫婦が離婚すれば,その一方は,その後の退職金の形成に貢献することはできませんから,将来の退職金に対する貢献度をどのように評価すべきか,という難しい問題もあります。

そこで,実務では,将来の退職金については,退職が数年後に迫っていて,その時点の退職金の額が明らかになっている場合に限って,財産分与の対象となると考えられています。

もっとも,財産分割の対象となる退職金の計算方法については,様々な考え方があって,明確に定まっていません。

例えば,数年後の退職時にもらう予定の退職金を,現在の額に引き直して計算する方法があります。

また,将来の退職金は予測できないとして,別居時または離婚時に退職したと仮定して,その額を稼働期間と婚姻期間で按分する計算方法もあります。

こうした計算をするためには,夫または妻の勤務先から,退職金規程や退職金の計算書類等の関係資料を収集する必要があります

このように,退職金については,そもそも財産分与の対象になるのか,その計算方法いかん,主張・立証方法等,個別の事情を踏まえた専門的な判断が求められますから,弁護士に相談されるとよいでしょう。

弁護士法人心は,名古屋に本部があり,様々な相談を承っております。

お役立ち情報トップ

労働問題

閉じる

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

労働問題

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

トラブルを避けるために弁護士に相談しましょう

離婚において,どのようにこれまでの財産を分けるかというのは重要な問題です。

どのように分与を行うかというのは今後の生活にも関わってくる場合がありますので,納得がいく分け方になるよう,しっかりと決めましょう。

離婚をする時,財産分与の金額がすんなりと決まればいいのですが,そうはいかない場合というのもしばしばです。

「あまり時間はかけたくない,けれど納得いかないような分け方はしたくない」という方も多いのではないでしょうか。

トラブルを生じさせることなく離婚のお話を進めるためにも,弁護士にご相談いただくのがスムーズかと思います。

もちろん,弁護士にもそれぞれ詳しい分野とそこまでではない分野がありますので,離婚に詳しい弁護士を探すことが大切です。

名古屋に本部がある弁護士法人心には,離婚を多く担当する弁護士がいます。

当法人にご相談をいただければ,離婚を集中的に担当する弁護士が皆様のお話しや資料をもとに計算を行い,どれくらいの金額が妥当と考えられるかを算定いたします。

弁護士からしっかりとご説明させていただきますし,ご相談中に疑問などがあった場合もお気軽に弁護士にご質問いただけます。

そのほか,養育費など離婚にまつわる様々な問題に関するご相談も弁護士法人心の弁護士にお任せください。

弁護士法人心名古屋駅法律事務所の弁護士・スタッフ一同が,皆様が納得いく離婚を行えるようサポートいたします。

名古屋で弁護士へのご相談をお考えの方は,まずは弁護士法人心のフリーダイヤルにおかけいただき,弁護士への相談のご予約をお取りいただければと思います。

お問合せ・アクセス・地図へ