名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

車両損害について弁護士に相談

1 車両損害

交通事故により車両が損壊した場合には,事故の相手方へ車両の修理費または車両の時価額を損害として請求できます。

修理費と時価額のどちらが損害賠償の対象となるのか大まかには以下のような手順で確認します。

⑴ 修理が可能か確認する

まずは,車両の修理が技術的に可能か否かを確認します。

技術的に修理が不可能であれば,修理費を行うことはできませんので,修理費が損害賠償の対象となることはありません。

事故前の車両の時価額が賠償の対象となります。

⑵ 技術的に修理が可能な場合は,修理費と時価額を比較する

車両損害の賠償は,修理費と車両の事故時の時価額を比較して低い方が賠償の範囲になります。

そのため,修理費が車両の時価額よりも高い場合は,経済的全損として扱われ時価額の範囲で賠償されることになります。

2 時価額確認方法

修理費に関しては,修理工場などで修理の見積書を出してもらうことで確認することができますが,事故前の車両の時価額をどのように確認するのかは,問題になることがあります。

時価額の確認は,いわゆるレッドブックと呼ばれている「オートガイド自動車価格月報」で行うことが多いです。

ただ,レッドブックに乗っていないような車両や単純にレッドブックに乗っている金額で時価額を判断することが妥当でない場合は,同様の車両の中古車市場における価格をもとに時価額を判断することもあります。

また,修理費と時価額を比較する際には,買換え諸費用も含めた金額で時価額を判断し,修理費と比較をすることもあります。

3 最後に

車両損害として修理費と時価額のどちらが損害賠償の対象となるのか,時価額がどのようになるのかなど判断が難しいことが多いです。

また,修理費が賠償の対象となる場合は,評価損を請求できる場合や時価額が賠償の対象となる場合は買換え諸費用が請求できる場合があります。

弁護士法人心は,名古屋に本部をおいており,名古屋の交通事故を多く取り扱っています。

交通事故に遭われてご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

車両損害

交通事故によってマイカーが破損した場合は,車両の賠償として(車両の積載物を除く。),どのような賠償を受けられるでしょうか。

一般的には,①車両修理費等や②代車代(レンタル代)の賠償を受けることができます。

まず,①の車両修理費等について説明します。マイカーが破損した場合は,原則として修理費の賠償を受けることができます。もっとも,修理費より事故車両の時価額の方が低額である場合やそもそも修理不能である場合は,事故車両の時価額の限度でしか賠償を受けることができません。例えば,修理見積が100万円,事故車両の時価額が30万円である場合は,30万円の限度でしか賠償を受けることができません。

つぎに,②の代車代(レンタル代)について説明をします。事故車両を修理等する場合に,レンタカーを借りざるを得ないときがあります。このレンタカー代は,代車(レンタカー)を使用する必要性が認められるときに限って,賠償を受けることができます。例えば,事故前からマイカーを通勤に使用していた場合は,代車の必要性が認められる傾向にあります。代車代が認められる期間は,ケースバイケースではありますが,一般的に,修理の場合は1週間ないし2週間程度,修理不能で買い替える場合は1か月程度となります。ですので,何か月間もレンタカーを借り続けた場合,全期間のレンタカー代が認められるわけではございませんので,ご注意ください。

交通事故に関してお悩みの方は,具体的な事情によって,取るべき方法が異なることがありますので,交通事故に詳しい弁護士にご相談ください。

私たち弁護士法人心名古屋駅法律事務所は,名古屋駅から近いところに事務所を構えておりますので,お車がまだない場合でもご来所いただきやすいかと思います。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

もしも車が壊れてしまったら

こちらでは,「車両損害」について,ご説明しております。

交通事故の衝撃というのはとても大きいものですから,その衝撃で車がへこんでしまったり,走れなくなってしまうことがあります。

修理費や修理している間の不便さというのは無視できないものですから,やはり何らかの形で賠償を受けたいとお考えの方が多いかと思います。

こちらをお読みになって,車両損害に関する賠償について知っておいてください。

車両損害に関してどれくらいの賠償を受けられるのか,ということは被害によって異なっていますので,しっかりとしたことを知って賠償を受けようと思うと,やはり交通事故に詳しい弁護士に相談したほうが安心できるかと思います。

弁護士法人心名古屋駅法律事務所は,太閤通南口から歩いて2分という,弁護士への相談にお越しいただきやすいような場所にあります。

また,交通事故に関しては名古屋から離れた所からでもお電話での弁護士へのご相談が可能ですので,名古屋の方はもちろんその周辺にお住まいのお車が使えなくなった方にも,弁護士への相談をしていただきやすいかと思います。

弁護士法人心には交通事故を集中的に担当する弁護士がいますので,交通事故によるケガの賠償などのご相談も非常に得意としております。

軽微な交通事故から大きな交通事故まで,しっかりと当法人の弁護士がご相談に乗らせていただきますので,交通事故について弁護士へのご相談をお考えの方は,ぜひ弁護士法人心名古屋駅法律事務所の弁護士にご相談ください。

中には,弁護士に相談したいと思っていてもケガやお住まいの場所,時間などの都合で事務所まで行けないという方もいらっしゃるかもしれませね。

弁護士法人心では,弁護士への交通事故に関するご相談については,お電話でも対応させていただいています。

お電話での弁護士相談をご希望の方は,ご予約の際にお申し付けください。

お問合せ・アクセス・地図へ