名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

弁護士司法書士の権限の違い

お役立ち情報トップ

労働問題

閉じる

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

労働問題

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

知っておいた方が良い違いです

弁護士も司法書士も,資格を有した上で法律に関する業務を行っている点では共通していますが,両者の権限の範囲には大きな違いがあります。

弁護士が法律上問題なく扱うことのできる業務であっても,司法書士が扱うと法に触れる業務がありますので,司法書士に依頼をされる場合には注意が必要です。

まず,自己破産や個人再生の案件において,司法書士は代理人となることができません。

そのため,自己破産や個人再生の案件で,書類作成を司法書士に依頼した場合,書類作成を超えて裁判所等で代理人として行動することを司法書士に依頼することはできません。

きちんと確認しておきましょう

また,司法書士が簡易裁判所において,訴訟代理人として裁判を行った場合,簡易裁判所の判断では納得がいかず上訴ということになれば,司法書士では訴訟代理人となることができませんので,ご自分で訴訟をされるか,もしくは新たに弁護士に依頼をする必要が生じてきます。

さらに,司法書士は,訴額が140万円を超える案件については訴訟において代理人となることができません。

そのため,訴訟で請求しようと考えている金額が140万円を超えてしまった場合には,ご自分で訴訟をされない限り,弁護士に依頼する必要があります。

上記のような権限の違いがありますので,司法書士に依頼をされる場合には,司法書士の方の説明をよく聞き,十分にご確認ください。

名古屋にお住まいの方や,名古屋周辺で弁護士をお探しの方は,ぜひ一度,当法人の名古屋駅法律事務所にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ