名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

離婚に関するQ&A

相手が離婚に応じてくれない場合,どのような手続きが必要ですか?

離婚をしたいけど相手が離婚に応じてくれないという場合は多いです。

夫婦間の協議によって離婚をするかどうかを決めることを,協議離婚といいます。

離婚をする夫婦の大半がこの協議離婚という手続きによって離婚をしています。

協議離婚は相手方が離婚に応じてくれなければすることができないため,相手方が離婚に応じてくれない場合には協議離婚をすることはできません。

このような場合には,裁判所において当事者間で離婚の話し合いをするという調停離婚の手続きを行うこととなります。

調停離婚は裁判官を交えて話し合いを行うため,感情的になりやすい離婚問題についても冷静に話し合えることが多いです。

調停において夫婦が離婚に合意すれば,離婚が成立することになります。

調停がまとまらない場合には,審判離婚という手続きに進むことがあります。

ただし,審判離婚に異議を申し立てればその効力が失われ,裁判に移行することになるため,審判離婚は利用されないことが多いです。

離婚調停や審判離婚によっても離婚が成立しなかった場合,裁判離婚という手続きに進みます。

裁判離婚になると,裁判官が判決で離婚をするかどうかを判断します。

離婚裁判をする場合には,少なくとも1年は時間がかかってしまいます。

たとえ第一審で勝ったとしても,相手方が上級裁判所に不服を申し立てれば,さらに長引いてしまうことになります。

裁判離婚まで進んでしまうと夫婦間の感情的な対立は激しくなっていることが多いため,上級裁判所まで争われるということが多いです。

離婚をしたいけど周りに相談できる人がいないという方はたくさんおられます。

一人で悩んでしまった結果,よくない選択をしてしまう方も多くおられます。

一人悩んでいる方を一人でも多く救うため,当法人では離婚分野について多くの経験を積んだ弁護士が対応いたします。

名古屋で離婚をしたいとお考えの方は,当法人の本部,名古屋駅法律事務所,または名古屋みなと法律事務所に一度お電話ください。

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

弁護士に相談しながら進めましょう

離婚を切り出した場合でも,必ずしも相手がそれに応じてくれるとは限りません。

こういった時に有無をいわさず離婚する,というのはできませんので,調停,審判,裁判と離婚のための手続きを行う必要があります。

裁判にまでなるととても時間がかかってしまうことが多いため,皆様が「離婚したい」と思っていらっしゃるのであれば,できるだけそうなる前に離婚を成立させられるようにした方が良いかと思います。

どのように離婚の話を進めていけばいいかというのは,お一人ではよくわからないかもしれません。

そのような場合には,弁護士にご相談ください。

「弁護士に相談する」というと裁判を連想される方も多いかもしれませんが,弁護士に相談したからといって必ず裁判になるわけではありません。

弁護士法人心では円満な形での離婚をご希望の方の弁護士へのご相談も数多くお受けしておりますし,そのような場合には相手に弁護士の名前を出すことなく,弁護士から円満解決を目指したアドバイスをさせていただくこともできます。

弁護士法人心の事務所と本部は名古屋駅から非常に近いところにありますので,名古屋やその近郊にお住まいの方であれば,お仕事やお買い物の帰りに弁護士への相談のためにお立ち寄りいただくこともできます。

そのため,相手に「弁護士に相談に行っている」と知られたくない場合にも便利なのではないでしょうか。

離婚に関しては弁護士法人心の離婚専用サイトにより詳しく掲載しておりますので,弁護士への相談をお考えの方もそうでない方も,一度ご覧いただければと思います。

お問合せ・アクセス・地図へ