名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

名古屋駅0.5分・駐車場あり

弁護士法人心名古屋駅法律事務所

お問合せ・アクセス・地図へ

名古屋みなと法律事務所へ

離婚に関するQ&A

離婚した場合,名字はどうなるのか

1 離婚した場合,名字はどうなるのか

婚姻のときに名字を改めた人は,離婚をすることによって,原則として婚姻前の名字に戻ります(民法767条1項)。

しかし,結婚してから使っている名字を離婚後もそのまま使い続けたい場合には,離婚日から3か月以内に,戸籍法上の「離婚のときに称していた氏を称する旨の届」を,夫婦の本籍地または届出人の所在地の役所に提出することによって,結婚してから使っている名字を離婚後も使い続けることができます(民法767条2項,戸籍法19条)。

離婚してから3か月を経過したにもかかわらず,結婚中に使っていた名字を使いたいとなった場合には,「氏の変更許可の申立て」(戸籍法107条1項)を家庭裁判所にすることによって,結婚中に使っていた名字に戻ることができる場合があります。

しかし,この申立てが認められるためには,「やむを得ない事情」がなければなりません。

「やむを得ない事情」とは,氏の変更をしないとその人の社会生活において著しい支障を来す場合をいうとされています。

離婚してから3か月経過してしまうと,結婚時の名字に戻すための手続きが大変になってしまいます。

離婚をするときには,離婚後の名字をどうするのかという点についてもしっかり考えておくことが大切です。

2 離婚と弁護士

離婚に強い弁護士に依頼しないと,離婚までに長期間かかる場合や,不利な条件で離婚することになってしまう場合があります。

離婚に強い弁護士に依頼することによって,短期間かつ有利な条件で離婚をすることができる可能性が高まります。

名古屋で離婚をお考えの方は,一度当法人までご連絡をいただければと思います。

満足した結果が得られるよう,離婚に強い弁護士がサポートさせていただきます。

弁護士法人心対応エリア

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

メールでのお問合せはこちらお問合せ・アクセス・地図