名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故・後遺障害に関するQ&A

搭乗者保険とは何ですか?

1 搭乗者傷害保険とは

被保険自動車(保険をかけている車)を運転中又は同乗中に自己でケガをしたり死亡した場合に支払われるお見舞金のことです。

2 どういう場合に支払われるのか

被保険自動車を運転中の者,被保険自動車に同乗中の方に支払われます。

例外としては,トランクに入っていたものや,屋根に乗っていた者には支払われません。

3 いくら支払われるのか

例えば,通院1日当たり5000円とか,入院1日当たり8000円,部位や症状別で頭部の打撲の場合5万円というように定額給付方式が採用されています。

各保険会社によって金額等も異なると思いますので,詳細は各保険会社の約款等をご参照ください。

4 損益相殺の対象にはならない

損益相殺とは,事故が原因で何らかの利益を得た場合に,その利益が損害の填補であることが明らかなときは,損害賠償額から控除されることです。

搭乗者傷害保険金は,性質としてはお見舞金であって,損害賠償額の填補として受け取るものではありませんので,損益相殺の対象にはなりません。

5 最近は,人身傷害保険でカバーされているため,搭乗者傷害保険なくなりつつあります。

搭乗者傷害保険も人身傷害補償保険も,被保険自動車を運転中の者及び同乗中の者がケガを負った場合や死亡した場合に支払われる点では共通しています。

異なる点は,保険金の支払基準です。

人身傷害保険は,人身傷害保険約款で決められた,金額を上限に実損填補で支払われます。

搭乗者傷害保険は,あらかじめ決められた金額でしか支払われません。

6 交通事故に遭われたら弁護士へご相談ください

交通事故に遭われた方は,ご自身で加入されている保険から搭乗者傷害保険が支払われるだけで満足してはいけません。

むしろ,それは損害賠償とは異なる性質のものですから,相手方が賠償すべき損害賠償額には影響してこないのです。

交通事故の被害者が相手方に賠償してもらえる項目は,治療費,通院交通費,休業損害,傷害慰謝料などがあります。

また,後遺障害等級が認定されますと,後遺障害慰謝料及び逸失利益の項目も賠償されます。

それぞれの項目につきどれくらいの賠償を受けられるのかはケースバイケースです。

交通事故被害者の方は,多くの場合,弁護士を介入させての解決を選んだ方が最終お受け取り金額が増大します。

詳細は,当法人の弁護士までご相談ください。

当法人は,名古屋駅近くに事務所がございますし,電話相談でもご相談可能です。

Q&Aトップ

選ばれる理由へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

Q&Aトップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

応じる前に弁護士に相談しましょう

相手方の保険会社から損害賠償額を提示された場合,それが妥当なものなのかどうかというのは判断が難しいことも多いかと思います。

弁護士に相談せず,よくわからないまま,あるいは納得がいかないまま合意してしまうと,後悔することになってしまいかねません。

適切な賠償を受けるために,示談に応じる前に弁護士にご相談ください。

弁護士法人心では,交通事故に詳しい弁護士が皆様のお話や資料などから妥当と考えられる損害賠償額を診断する「損害賠償無料診断サービス」を行っております。

そのため,まだ弁護士に依頼するかどうか迷っている段階で弁護士に示談金に関する意見を聞き,それを把握したうえで実際に弁護士に依頼するかを決めることができます。

弁護士法人心名古屋駅法律事務所は名古屋駅から非常に近く,他の名古屋市内の事務所に関してもアクセスが便利なところにありますし,交通事故被害や後遺障害での弁護士へのご相談につきましては電話での弁護士へのご相談も承っております。

示談してよいかどうかわからない場合には,お気軽に弁護士法人心の弁護士にご相談いただいたいと思います。

もしも後遺症が残ってしまったという場合も,弁護士法人心名古屋駅法律事務所等の弁護士にご相談ください。

後遺障害等級申請を得意とする弁護士等のチームが,皆様をサポートいたします。

お問合せ・アクセス・地図へ