名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

名古屋駅0.5分・駐車場あり

弁護士法人心名古屋駅法律事務所

お問合せ・アクセス・地図へ

名古屋みなと法律事務所へ

交通事故・後遺障害に関するQ&A

示談交渉によって,示談金額が増額されることはあるのですか?

はい。

示談交渉によって,示談金額が増額されることはあります。

示談とは,被害者と加害者(保険会社)が話し合いで賠償金額を決めることをいいます。

例えば,交通事故の被害者が「100万円の慰謝料がほしい」と主張するのに対し,加害者(保険会社)が「慰謝料は80万円で十分だ」と主張する場合に,双方の話し合いで賠償金額を90万円とすることが合意できれば示談となります。

交通事故の示談交渉において注意しなければならないことは,保険会社の提示する示談案は低額であることが多いということです。

低額である理由としては,まず,保険会社は営利企業であるということが挙げられます。

支払う賠償金を少なくすればするほど保険会社の利益は増えるので,保険会社はできるだけ低い金額で示談をしようとします。

次に,低額である理由としては,交通事故の被害者が示談金の妥当性について知識がないということが挙げられます。

交通事故の被害者の多くは,適正な示談金がいくらであるのか知らないため,保険会社はそれを利用して,できるだけ低い示談金額を提示してきます。

しかし,示談段階においては,被害者本人が保険会社と示談交渉をしても,保険会社は示談金の十分な増額を認めることは少ないです。

そこで,示談交渉については,交通事故に強い弁護士に依頼するのが有効です。

弁護士が示談交渉をすることにより,示談金額が大幅に増加することも少なくありません。

弁護士法人心名古屋駅法律事務所では,多くの交通事故案件を取り扱っております。

保険会社の提示する示談金額に納得のいかない方,適正な示談金額はいくらであるのか知りたい方は,ぜひご相談ください。

弁護士法人心対応エリア

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

メールでのお問合せはこちらお問合せ・アクセス・地図