名古屋で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

刑事事件に関するQ&A

逮捕と勾留はどう違うのですか?

逮捕後の流れ

警察に逮捕されると,逮捕より48時間以内に検察に送致されます。

そして,勾留する必要があると検察官に判断された場合には,検察に送致されてから24時間以内に勾留請求がなされます。

検察官によって勾留請求がなされ裁判官による勾留決定がなされると勾留請求の日より10日間身柄を拘束されることになります。

また,勾留期間が10日間では不十分であると検察官が判断した場合には,検察官により勾留延長請求が裁判所に対してなされ,裁判官が請求を認めた場合には,さらに10日間身柄を拘束されることになります。

検察官は,これらの期間内に捜査等をし,被疑者を起訴するか不起訴にするかといった処分を決めます。

検察官が,不起訴が相当であると判断した場合には,その時点で身柄が解放されることになります。

略式手続きが相当であると判断された場合には,公判手続きを経ることなく100万円以下の罰金または科料の略式命令がなされます。

そして,起訴が相当であると判断された場合には,公判手続きにより被告人が犯人であるかや,量刑等が判断されることになります。

逮捕と勾留の違い

  1. 1.期間の長さ

    逮捕の期間は,逮捕から勾留請求までの72時間となります。

    他方,勾留の期間は,まず勾留請求から10日間,勾留が延長されればさらに最長で10日間,合計20日間程度となります。

    勾留の期間の方が,圧倒的に長くなっています。

  2. 2.家族等との面会

    逮捕中は,弁護士以外のものは面会することができません。

    差し入れも,弁護士を通じて行うことになります。

    他方,勾留中は,接見禁止処分がなされていない場合には,弁護士以外のものも面会や差し入れをすることができます。

    接見禁止処分がなされている場合には,弁護士以外のものは面会することはできません。

最後に

ご家族等がいきなり逮捕されれば驚かれることかと思います。

何か,ご不安に思われていることがある場合,早い段階で弁護士に相談されることをお勧めします。

弁護士法人心は,名古屋に事務所があり,刑事事件を多くとりあつかっておりますので,お気軽にご相談ください。

Q&Aトップ

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

Q&Aトップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ