交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

その他のQ&A

交通事故に遭ったのですが,どのタイミングで弁護士に相談すべきですか?

交通事故にあったとき,まず思い浮かぶのは,警察や保険会社に対する連絡のことや,今後どのように治療したらよいのか,といったことであると思います。

ほとんどの方は,弁護士は,話がこじれたときや,示談となりそうな段階になって依頼するものだと考えているのが実情だと思いますが,本当は,どのようなタイミングで相談すればよいのでしょうか。

相談するタイミングについて,いつの時点が適切なのかは,各段階で弁護士が果たす役割と密接な関係があります。

1 事故直後の段階

事故直後は,被害者の方々は,何をどうしたらよいのかと,途方に暮れていることが多いと思います。

この段階の被害者の方に対しては,保険会社や警察との対応に関する注意点等をアドバイスします。

特に,人身事故としたか否か,実況見分の際にどのように指示説明したか等は,今後の事件処理に大きく影響を与えることになりますので,適切なアドバイスを得た上で,適切に対応すべきです。

2 治療開始の段階

事故に遭った被害者の方々の身体状況は,比較的軽傷であるケース,重傷であるケース等,様々です。

比較的軽傷ではあるものの,一定期間治療の必要がある案件では,不当な治療費打切りを防ぐため,通院のアドバイスや,被害者代理人として相手方保険会社担当者との治療費支払交渉を行います。

仮に治療費の不当な打切りにあった場合は,被害者代理人として,自賠責保険に対する被害者請求によって治療費を確保し,必要な通院ができるよう支援したり,労災や健康保険を用いた通院の検討をしたりといったことも行います。

重傷案件では,症状固定後の後遺症申請を視野に入れて,適切な等級認定がなされるように,通院の仕方や,必要な検査を受けるようにアドバイスするなどのサポートも行います。

3 示談段階

治療が終了した段階や,後遺症の等級がついた段階では,適切な金額の賠償を受けられるよう,相手方保険会社に対して損害額を提示し,示談交渉を行います。

このように,交通事故発生直後から,示談段階に至るまで,弁護士が関与すべき手続きは数多く存在します。

早い段階の方ができることが多くありますので,事故に遭ったら直ちに弁護士に相談するのが望ましいかと思います。

Q&Aトップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

Q&Aトップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

段階に応じたアドバイス

こちらでは,交通事故の問題に関して,名古屋やその周辺にお住まいの方へ向けて,弁護士への依頼のタイミングをご紹介しております。

たとえば当法人の名古屋駅法律事務所などにご相談いただく場合,交通事故後様々な段階でサポートをさせていただくことが可能ですが,もしも皆様がまだ交通事故にあったばかりだという場合,当法人ではできるだけ早いタイミングからご相談いただくことをおすすめしております。

交通事故直後というのは多くの人がパニックになってしまっているかと思いますが,そういった交通事故直後の段階で,受けるべき検査を受けていなかったなど,ちょっとした対応を誤ることで後々にまで影響を及ぼすおそれがありますので,私たちにお早めにご相談いただいておいた方が良いかと思います。

交通事故対応について余計な心配をせずにすむと,ケガの治療にも集中しやすいのではないでしょうか。

もちろん,今こちらをお読みなっている方で,この中の治療開始の段階や示談をもちかけられた段階になっているという方がいらっしゃいましたら,ぜひご相談ください。

当法人で交通事故の案件を集中的に担当している者が,段階に応じたアドバイスをさせていただきます。

中には事務所が近くにないという方もいらっしゃるかもしれませんが,交通事故については名古屋駅法律事務所などにご来所いただくのではなくお電話でご相談いただくこともできます。

ですので,名古屋以外の方も当法人にぜひお電話ください。

お問合せ・アクセス・地図へ