交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

損害賠償金(示談金)に関するQ&A

死亡事故の慰謝料の相場とその計算方法 

  1. 1 死亡事故の慰謝料

    突然の交通事故により,身近の大切な方が亡くなってしまった…。

    そんなとき,損害賠償請求は亡くなられた被害者の方のご家族や相続人の方が請求することになります。

    生活環境にもよりますが,普段の生活のなかで,自身の周りで交通事故に遭われた経験のある方は,あまりいらっしゃらないと思います。

    死亡事故ともなると,周りに経験のある方や知識のある方はごく僅かに限られてきます。

    そこで,こちらのページでは,交通事故のなかでも,死亡事故の慰謝料についてご説明をしたいと思います。

    慰謝料とは被害者が加害者の不法行為によって負った精神的苦痛を金銭にしたものです。

  2. 2 慰謝料の相場

    死亡事故の慰謝料の場合,亡くなった方が,

    一家の支柱の方の場合 2800万円

    母親,配偶者の方の場合 2400万円

    その他(独身の男女や子供,幼児)の方の場合 2000万円~2200万円

    が相場と考えられています。

    こちらの金額は,加害者が被害者自身に支払われるべき慰謝料の相場です。

    しかし,被害者自身は亡くなっているため,実際は,被害者の方の相続人が受け取るかたちになります。

    また,上記金額はあくまでも相場であり,被害者の方の,家族内での立場や年齢,お仕事の内容,生活状況(離婚の有無等)によって金額は変わってきます。

  3. 3 交通事故に詳しい弁護士への相談

    一応上記のような相場がありますが,保険会社からは,もっと低い金額を提示されることが少なくありません。

    そのため,被害者のご家族は,示談をする前に,交通事故に詳しい弁護士に相談することをお勧めします。

    もちろん,大切な方が亡くなった辛さや悲しみを金銭によりすべて解決することができる訳ではありません。

    しかし,ご遺族の方が少しでも多くの安心と適切な賠償を得られるよう,お力添えをすることはできます。

    ご家族を事故で亡くされて,お困りの際は,弁護士法人心名古屋駅法律事務所にご相談ください。

Q&Aトップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

Q&Aトップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ