交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

損害賠償金(示談金)に関するQ&A

事故した車を買い替えるまでの間のレンタカー代も加害者に請求できるのですか?

請求できます。ただし,実際に支払われる金額は,レンタカーの必要性・相当性を満たす範囲に限定されます。

  1. 1 交通事故被害に遭われてしまった方は,多くの場合,お車に損傷があり,修理が必要であったり,修理が不能ないし経済的全損(修理費用等が時価額を上回る場合)である場合には,車の買い替えをしなければならないと思います。

    修理ないし車の買い替えの際,事故に遭った車が一定期間使用できなくなると思います。

    その際に代車ないしレンタカーをレンタルする場合があると思います。

    このレンタカー代は,無制限に相手方に支払ってもらえるというわけではありません。

    抽象的な話になってしまいますが,レンタカーの必要性が認められて,かつレンタカー代も相当な範囲で認められるにすぎません。

  2. 2 代車料(レンタカー)の必要性かつ相当性の基準

    弁護士が,実務で参考にする本として,通称「青い本」と呼ばれるものがあります。

    正式名称は,「交通事故損害額算定基準-実務運用と解説―」です。

    この青い本に記載されている基準を引用しますと,「事故により車両の修理あるいは買換えが必要となり,それにより車両が使用不能の期間に,代替車両を使用する必要があり且つ現実に使用したときは,その使用料が相当性の範囲内で認められる。」

    以下,上記基準を簡潔に説明します。

    (1) レンタカーの必要性

    まず,必要性については,他に使用できる車を保有している場合には,レンタカーを実際にレンタルして使用していたからといって,レンタカー代全額を支払ってもらえる可能性は低いと思われます。

    また,バスや電車等の公共交通機関やタクシーなどの利用では不十分であると認められない場合にも,レンタカーの必要性は認められない可能性が高くなってきます。

    一つの基準としては,他に利用できる車を持っていなくて,通勤等に利用し,公共交通機関やタクシー利用では不十分であるという場合には,レンタカーを借りる必要性が認められるといっていいように思われます。

    (2) レンタカー代の相当性
    ア 期間の相当性

    買換え期間の相当な範囲としては,だいたい2週間から約1ヵ月程度とされています。

    買換え期間に何等かの特殊な事情がある場合には,それ以上の期間に相当性が認められてくる場合もありますが,ほとんどの場合,最高でも約1ヵ月程度が限界だと思っておいた方が無難です。

    保険会社とうまく話がつかないということで,ずっと買換え手続をしないでレンタカーを借り続けていますと,不相当な部分のレンタカー代は自己負担となってしまうリスクが高まります。

    イ グレードの相当性

    レンタカーは,原則,事故車と同種同年式のものであれば問題ないはずです。

    しかし,高級外車の場合には,国産高級車のレンタカー代程度までしか支払ってもらえないという裁判例もあります。

  3. 3 当法人の弁護士にご相談ください

    当法人は名古屋を中心に多数の事務所を展開しております。

    交通事故のレンタカー代のことについてのご相談お待ちしております。

Q&Aトップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

Q&Aトップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

代替車両の問題も弁護士にご相談ください

交通事故にあい,お車が壊れてしまうと,非常に不便を感じる方もいらっしゃるかと思います。

名古屋は電車での移動も比較的便利かと思いますが,それでもどこでも行けるというわけではありませんので,お車でないと移動が難しいところは多いです。

車通勤しかできない場所に通勤している場合,交通事故で車が壊れてしまうとレンタカーを借りなければどうにもならないということもあるのではないでしょうか。

こういった費用を自分で出さなければならないということになると負担も大きいですが,このような費用については交通事故の相手方の保険会社から支払われることもあります。

もちろんどんな時にどんな車を借りても払ってもらえるというわけではありませんので,お気をつけください。

当ページに書いてあることをご参考にしていただくとともに,心配な場合は,こうしたことも弁護士にご相談いただければと思います。

弁護士法人心名古屋駅法律事務所では,交通事故直後からでも様々なご相談に乗らせていただくことが可能です。

そのため,交通事故後の代替車両の問題はもちろん,通院をする際の注意点や,相手方の保険会社とのやりとりなど,まだ交通事故によるケガの状態がよくわからない段階からでも交通事故被害者の皆様の疑問にお答えし,交通事故対応をサポートすることが可能です。

名古屋駅法律事務所は名古屋駅のすぐ近くにありますので,お車がない状態でも楽に弁護士事務所までご来所いただけるかと思います。

お問合せ・アクセス・地図へ