交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

損害賠償金(示談金)に関するQ&A

個室への差額ベッド代を加害者側に請求することは出来る?

交通事故で入院すると,病室が個室であったり,複数部屋用であったりすることがあります。

個室や少人数用の病室である場合,大人数用の病室と比較して特別な療養環境が提供されているとして,「差額ベッド代」という費用が発生します。

これは健康保険適用の範囲外であるため,患者側が全額負担しなければなりません。

では,差額ベッド代を加害者側に請求することは出来るのでしょうか。

保険会社との間で争いになれば,個室・少数部屋を使用する必要性・相当性を具体的に主張・立証しなければなりません。

厚生労働省保険局医療課の通達(保医発0326号第5号)によれば,①個室・少数部屋へ入院させる治療の必要がある場合や,②病棟管理の必要性等から実質的に患者の選択によらずに個室・少人数部屋に入院させる場合には,患者に対して差額ベッド代を求めてはならないとしています。

そうすると,上記①②と同様の事情がある場合には,患者が個室・少数部屋を使用する必要性・相当性が認められるとして,患者が差額ベッド代の負担分を加害者側に賠償させることができると考えられます。

裁判例においても,外気にあてると感染症にり患する可能性があることから医師の指示によって個室療養とされたという事案(①の類型,山口地判平成2年9月28日判決)や,大部屋が満室であったために個室を使用することになったという事案(②の類型,大阪地判平成18年7月31日判決)などがあり,差額ベッド代が認められています。

このように,差額ベッド代を請求する場合には,個室や少人数部屋を利用する必要性・相当性があることを十分に主張しなければならないので,お困りの場合には交通事故に強い弁護士にご相談ください。

弁護士法人心では,交通事故案件を集中的に扱う弁護士等で構成する交通事故チームを作って,適切な賠償金額の獲得に向けて取り組んでおります。

名古屋駅から徒歩0.5分のところに弁護士法人心名古屋駅法律事務所を設けるなど利便性も備えておりますので,お困りの場合には弁護士法人心まで是非ご連絡ください。

Q&Aトップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

Q&Aトップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

個室に入る場合

交通事故によるケガが入院しなければならないほどのものであった場合,その費用も基本的には交通事故の相手方の保険会社から支払われることになります。

ですが,たとえば複数人用の部屋と個室のように,どちらに入るかで値段が異なるものについては,「高い方でも支払ってもらえるだろうか」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

複数人用の部屋ではなく個室に入院する場合,必要性や相当性があれば支払ってもらえることもあります。

そのため,支払ってもらえるかどうかがわからないという場合は,念のため弁護士に相談しておいた方が安心して入院できるかと思います。

弁護士というと,裁判の時でないと利用してはいけないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが,裁判に至らないような交渉のみの案件であってもご相談いただけますし,弁護士法人心の場合は費用をなるべく抑えるようにしておりますので,交通事故間もない段階で,ケガが残るのではないかというご不安がある場合のご相談などでも,お気軽にしていただけます。

「交通事故にあってしまったけれど,どうしていいかわからない」という方も,ぜひお気軽に名古屋にあります弁護士法人心名古屋駅法律事務所までご相談ください。

名古屋以外にお住まいの方も,交通事故の案件については全国対応させていただけますので,まずは0120-41-2403にてご相談のご予約をお取りいただければと思います。

お問合せ・アクセス・地図へ