交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

保険に関するQ&A

交通死亡事故で生命保険金を受け取ったら賠償金額は減る?

  1. 1 交通死亡事故で生命保険金を受け取ったら賠償金額は減る?

    交通事故に遭い,保険会社から生命保険金を受け取ったとしても,加害者側から受け取る賠償金額は減りません。

    ただ,どのような保険金を受け取ったとしても,賠償金額が減らないというわけではありませんので,注意が必要です。

  2. 2 どうして賠償金額が減るのか

    交通事故の被害に遭ったことで,通常は損害が生じます。

    他方で,交通事故に遭ったことで,お金を受け取ることができ,利益がでる場合があります。

    このように,不法行為によって一方では損害がでたものの,他方では利益がでた場合,損害から利益を差し引くという措置がとられることがあります。

    これを,「損益相殺」といいます。

    ただ,すべての利益が損益相殺の対象となるわけではありません。

    不法行為制度の趣旨は,損害の公平な分担,という点にありますので,交通事故の場合も,交通事故によって,一方では生命や心身に損害がでたものの,他方では何らかの金員を得た場合,その金員の種類によって,公平性の観点から,差し引くかどうか,判断されることになります。

  3. 3 どのような利益は損益相殺の対象となるのか

    例えば,交通事故で仕事を休み,保険会社から所得補償給付を受け取った場合,損益相殺の対象となるとされています。

    交通事故で仕事を休まざるを得なくなった場合,通常,損害賠償請求の項目の一つとして,休業損害の賠償を加害者側に請求します。

    ただ,損害保険のなかには,交通事故で仕事を休まざるを得なくなった場合に,所得を補てんするタイプの保険があります。

    このような保険に加入されている場合は,休業損害分が既に保険によって補てんされていますので,更に相手方から休業損害分の損害賠償を受けると,利益の二重取りになってしまうため,損益相殺の対象とされています。

    他にも,所得補償と同様に損益相殺の対象となる利益もありますので,詳しくは弁護士に相談しましょう。

  4. 4 弁護士法人心のご紹介

    弁護士法人心の名古屋駅法律事務所は,名古屋駅から徒歩2分のところにありますので,東海地方にお住いの方に来所いただきやすい環境を整えております。

    東海地方で交通事故に遭われた方やそのご家族の方は,弁護士・スタッフ一同,全力でサポートさせていただきますので,お気軽にご連絡ください。

Q&Aトップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

Q&Aトップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

保険金と賠償金

交通事故にあうと,相手方からの賠償金とは別に,自分の入っている保険会社から保険金を受け取ることがあります。

ですが,保険金の種類によっては,保険金を受け取ったことにより交通事故の相手方から支払われる賠償金が減ってしまうこともありますので,お気をつけください。

よくわからないまま賠償金が減ってしまったというのでは,納得行かないという方も多いかと思います。

そういった時は弁護士にご相談いただければ,どのような保険金を受け取るとどういった理由でどれくらい賠償金が減るのかなどを,それぞれの状況に応じて丁寧にご説明させていただきます。

弁護士法人心には「まだ交通事故にあったばかり」という方からのご相談も多くお寄せいただいておりますし,そういった方からのご相談も承っておりますので,皆様も安心してご相談ください。

また,当法人では損害賠償無料診断サービスというサービスを行っており,予想される損害賠償額を無料で算定いたします。

交通事故について詳しい弁護士が皆様の賠償金額を診断いたしますので,交通事故にあわれた方はぜひお早めに弁護士法人心名古屋駅法律事務所にご連絡ください。

名古屋駅法律事務所は名古屋駅から徒歩2分ですし,電話でのご相談も承っております。

お問合せ・アクセス・地図へ