交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

保険に関するQ&A

仕事中に交通事故に遭った場合は労災保険を使うべき?

  1. 1 交通事故と労災保険

    仕事中や通勤中に交通事故に遭った場合は,労災保険を使うことが出来るのでしょうか?

    通常,交通事故に遭った場合は,当面の治療費などは加害者側の任意保険会社や加害者側の自賠責保険が負担していきます。そして,国の機関内では,交通事故の場合は労災保険より自賠責保険が優先するという取り決めがなされております。

    もっとも,仕事中や通勤中の交通事故であっても,労災保険を使うことが出来ます。

  2. 2 労災保険を使用するメリット
    (1) 治療費などの支払いについて

    交通事故に遭った場合は,加害者側の任意保険会社が症状固定日まで治療費などを負担していき,後遺障害申請や示談・裁判を行い,解決していきます。

    もっとも,加害者側の任意保険会社と過失割合を揉めているケースや,加害者が無保険であるケース(最近は,自転車が加害者になるケースがある反面,保険に加入していない事が多いです。)などは,被害者側が治療費を立て替えていかなければならないことがあります。

    したがって,通勤中に交通事故に遭ったものの,過失割合で加害者側保険会社と揉めていて,治療費を支払ってもらえないケースなどは,原則として,労災保険を使っていくべきでしょう。

    ただし,労災保険から既に支払って貰った金額がどのように既払い扱いされるのかについては,判例上,健康保険を使用したケースと異なる考え方が採用されていますので,労災保険を使うのか否かについては,まず,弁護士にご相談していただいた方がよろしいと思います(弁護士法人心の名古屋駅法律事務所は名古屋駅より徒歩圏内にございます。名古屋駅以外にも,支店の事務所はございます。)。

    (2) 特別支給金

    また,労災保険を使用した場合は,特別支給金という保険金を受領することができます。

    通常,自賠責保険や労災保険などが支払われた賠償金・保険金は,損害の一部の賠償を受領したことになるので,損害額が差し引くことになります。ところが,特別支給金に関しては,そのような扱いがなされていませんので,この点も,労災保険を使用するメリットの1つになります。

  3. 3 さいごに

    このように,労災保険を使用するか否かは,他の保険との関係を考えた上で決定すべきですので,ご自身で悩まず,弁護士に相談することをお勧めします。

Q&Aトップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

Q&Aトップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

労災保険が使えることもあります

交通事故にあい,もしも相手が無保険,それも任意保険だけでなく自賠責保険にも加入していない無保険だった場合,「もうどうにもならない」と泣き寝入りをされてしまう方も少なくありません。

そういった時でも,仕事中に交通事故にあった場合には労災保険が使用できる場合がありますので,諦めないようにしましょう。

その他にも交通事故において労災保険を使用できるケース,使用した方が良いケースなどがありますので,交通事故にあわれた方は弁護士にご相談になって,他の保険との関係なども考えて利用方法を検討されるのが良いかと思います。

状況によって複雑な案件になる場合もありますので,こういったことについて相談する場合は,弁護士の中でも交通事故に詳しい弁護士を選んで相談するようにしましょう。

弁護士法人心名古屋駅法律事務所では,交通事故の案件に集中的に取り組むことができる環境を整えておりますので,複雑なことについても安心してご相談いただくことが可能です。

相手方の状況や皆様の保険などについてしっかりとお話しをお聞きし,状況を把握して,皆様にとってより良い方法での解決を目指します。

お問合せ・アクセス・地図へ