交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

弁護士等の専門家に関するQ&A

交通事故に遭ったのですが,弁護士に依頼した方がよいのですか?

以下でご説明するとおり,受け取れる賠償金額が異なってくることが多くありますので,弁護士に依頼することをお勧めします。

交通事故の賠償金額には,①弁護士基準(裁判所基準),②自賠責保険基準,③保険会社基準があります。

①弁護士基準(裁判所基準)

弁護士基準と裁判所基準は,同じ意味で使われ,過去の裁判例をもとにした基準で,弁護士に頼んだ際には,通常この基準で示談されるものです。

②自賠責保険基準

これは,強制保険である自賠責保険の支払い基準です。

自賠責保険は,交通事故の被害者に対し,最低限の保障をするものですので,自賠責保険基準は,弁護士基準・裁判所基準より相当低額になります。

ただ,原則として,被害者が同意すればいくらで示談してもよいとされていることなどから,保険会社は,自賠責保険基準で示談を迫ることがありますので,注意が必要です。

③保険会社基準

これは,自賠責保険基準に若干の金額を上乗せした基準をいい,保険会社ごとに異なるものですが,弁護士基準より相当低額なので,この金額で示談する際には十分気をつけましょう。

なお,最近は,保険会社基準ですらなく,自賠責保険基準で示談を迫ってくる保険会社も多いようです。

このように,賠償金額には複数の基準があり,示談金額保険会社が低い基準で示談金額を提示してくることが少なくありませんので,保険会社から示談書が送られてきたら,示談金額が適正な金額なのか,チェックすることが大切です。

ただ,ご自身で示談金額が適正な金額なのかチェックすることは難しいと思いますし,弁護士に依頼することをお勧めします。

そして,この示談金額のチェックは,交通事故に詳しい弁護士に依頼すべきです。

特に,交通事故案件の経験が豊富で,医学に関する知識,交通事故の算定基準,保険会社ごとの特徴などの専門的な知識を持っている弁護士を選ぶべきです。

そのような弁護士でなければ,保険会社と適切な交渉をすることができず,適正な示談金額を受け取ることができないおそれがあります。

ですので,弁護士を選ぶ際には,交通事故の経験数や示談交渉後の示談金額の目安,交渉期間など,ご自身がご不安に思われることがありましたら,納得いくまで説明を求め,きちんと丁寧に答えてくれる弁護士を選ぶことをお勧めします。

Q&Aトップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

Q&Aトップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ