交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

交通事故と刑事責任

交通事故を起こしてしまった場合,法律上の責任を負うことになります。

この法律上の責任には,大きく分けて①民事,②行政,③刑事という3つの責任があります。

交通事故により人や物に損害を与えた場合にする損害賠償が民事責任であり,運転免許の点数が減点されたり,場合によっては免許取消処分を受けたりするのが行政責任です。

刑事責任とは,罰金や禁固・懲役といった刑事罰を与えられることをいいます。

例えば,自動車や原動機付自転車(いわゆる原付)の運転中に交通事故を起こし,人を怪我させたり,死亡させたりしてしまった場合は,「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(自動車運転処罰法)」に定められている罪にあたるとして,刑事罰を受ける可能性があります。

具体的にどういった刑事罰を受けるのか,少し説明しておきます。

自動車運転処罰法5条は,過失により人を怪我させたり死亡させたりしたときは,7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金とする旨を定めています(ただし,怪我の程度が軽いときは免除されることもあります)。

また,自動車運転処罰法2条以下では,アルコールや薬物の影響により正常な運転が困難な状態での運転や制御困難な高速度での運転など一定の危険な類型での運転により交通事故を起こして人を死傷させた場合には,怪我の場合で15年以下の懲役,死亡の場合であれば20年以下の懲役という非常に重い刑罰を定めています。

なお,自動車運転処罰法4条には,発覚免脱罪というものも定められています。

アルコールや薬物の摂取の証拠を隠秘する目的で事故発生後にさらにアルコールや薬物を摂取したり、事故現場から逃走し隠秘したりするなどの行為をしたときは,12年以下の懲役とされています。

少しの気の緩みが,被害者の方はもちろん,ご自身や家族の人生に大きな影響を与えることになりますから,決して危険な運転はされないようにしていただきたいです。

交通事故のことでお悩みの方は,是非一度,弁護士法人心名古屋駅法律事務所にご相談ください。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ