交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

死亡事故の慰謝料交渉

1 死亡事故の慰謝料金額について

交通事故被害に遭われた方が,なくなられた場合には,死亡したことに対しての慰謝料を相手方から賠償してもらえる権利が生じます。

慰謝料の基準は,以下のとおり3つの基準があります。

  1. (1) 自賠責基準

    ①の基準は,3つあります。低い金額の方から,a自賠責基準<b任意保険会社基準<c裁判基準です。

    自賠責基準からは,亡くなった本人に対しての慰謝料は350万円が支払われます。もっとも,実際にこれを受け取るのは相続人の方です。

    残された遺族の方に対する慰謝料は,請求権者が一人である場合には,550万円,請求権者が2人である場合には650万円,請求権者が3人以上である場合には,750万円となります。

    請求権者の方が,亡くなった方に扶養されていた場合には,200万円がプラスされることになります。

    もっとも,これらの金額は最低基準ですので,これを超える部分は,加害者である相手方ないし相手方加入の任意保険会社に賠償してもらうことになります。

  2. (2) 任意保険会社基準

    任意保険会社の基準は,保険会社や担当者によって様々な金額が提案されますが,おおむね,自賠責基準から裁判基準の金額の中間あたりです。

  3. (3) 自賠責基準

    死亡事故に関する示談交渉は,まずは弁護士に相談してみることが必須です。

    ※亡くなられた方が過失100%である場合などは除く。

  4. (4) 裁判基準
    1. ア 一家の支柱の場合

      2700万円~3100万円

      一家の支柱の方(父親など家計を支えている方)が亡くなられた場合には,おおむね上記の金額が賠償されます。

    2. イ 一家の支柱に準ずる場合

      2400万円~2700万円

      一家の支柱に準ずる場合とは,家事の中心をなす主婦,養育を必要とする子を持つ母親,独身者であっても高齢な父母や幼い兄弟を扶養しあるいはこれらのものに仕送りをしているような者などをいいます。

    3. ウ その他

      2000万円~2500万円

    4. エ 近親者慰謝料について

      上記ア~ウの慰謝料については,死亡被害者の近親者固有慰謝料も合わせた,死亡被害者一人当たりの金額となります。

      従いまして,近親者が多いから慰謝料の総額が増えるということはありません。

2 死亡慰謝料の交渉について

死亡慰謝料の交渉については,弁護士に全てお任せください。

死亡事案では,死亡慰謝料のみならず,死亡逸失利益もかなりの金額を占めますので,弁護士を介入させての解決が最善です。

保険会社は,弁護士が介入していなければ,あれこれと理由をつけてこの金額が精一杯です,これが限界ですなどと平気で示談に応じさせようとしてきますので注意が必要です。

不当に低い金額で解決しないためには,弁護士介入が必須だと思ってください。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

身近な方が亡くなられた場合

名古屋駅法律事務所など当法人の事務所にも,被害者の方が亡くなってしまわれた交通事故について,ご遺族の方がご相談にいらっしゃることがあります。

こうした交通事故の場合,慰謝料はもちろんですが,逸失利益というものも非常に大きな金額になることがあります。

ご家族などがお亡くなりになるというのは非常に重大でショックも大きいことですので,せめて適切な賠償を受け取ることができるよう,弁護士が介入する形での交渉をおすすめいたします。

こういった事情の場合,しなければならないことも多く慌ただしくなりますし,お気持ちの面からもなかなか相談に踏み切れないこともあるかもしれませんが,弁護士にご相談いただければ,保険会社との交渉などをサポートさせていただくことができますので,ご負担も軽減されるかと思います。

名古屋にお住まいでなく,名古屋駅法律事務所などに来られないという場合でも,お電話にて全国対応させていただくことも可能となっております。

また,名古屋以外にも事務所がありますので,名古屋以外にお住まいの方はそちらでご相談いただくことも可能です。

身近な方が交通事故にあわれてしまったという方は,当法人にご相談ください。

一同,誠心誠意解決に向けて尽力させていただきます。

お問合せ・アクセス・地図へ