交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

死亡事故の慰謝料の相場とその計算方法

1 慰謝料とは

交通事故にあったことによって受ける精神的苦痛は,いろいろなものがあると思います。

心の傷は,本来,お金にかえることはできません。

だからといって,精神的な損害に対しては,きちんと賠償を受ける必要があります。

精神的苦痛を受けたことによる損害を,あえて金銭に換算したものが慰謝料です。

2 死亡事故における慰謝料

自賠責保険における基準は,本人について350万円です。

また,当然ながら遺族にも精神的損害が生じます。

自賠責保険においては,補償の対象は被害者の父母,配偶者,子に限られ,請求金額は,遺族1人の場合550万円,2人なら550万円,3人以上の場合には750万円です。

被扶養者がいる場合には,220万円加算されます。

したがって,自賠責保険における死亡事故の慰謝料の慰謝料を計算すると,最低で350万円,最高で350万円+750万円+220万円=1320万円となります。

3 弁護士が介入した場合の相場

弁護士が介入した場合,自賠責保険の基準ではなく,裁判所や弁護士が使う相場で計算が行われます。

こちらの相場は,大きくわけて3つの区分があります。

1つ目は,「一家の支柱」です。

「一家の支柱」とは,当該被害者の世帯が,主として被害者の収入によって生計を維持している場合です。

一家の支柱となる人がなくなった場合,その遺族の不利益は,それ以外の場合に比べて大きいので,相場としては,2700万円から3100万円と,一番大きいものとなります。

2つ目は,「一家の支柱に準ずる場合」です。

例えば,家事を中心として行っている主婦や,独身でも高齢の父母を扶養しているような方の場合,一家の支柱ではなくとも,やはり遺族の不利益は小さくありません。

そのため,この場合には,2400万円から2700万円が相場とされています。

3つ目は,先に挙げた2つ以外の場合で,こちらは2000万円から2500万円となっています。

弁護士介入後は,自賠責保険の最低額である350万円と比較すると,文字どおり,桁違いに金額が変わります。

4 まとめ

死亡事故の場合,被害者の収入や,家族構成など,様々な事情によって,額が変わります。

しかも,事故ごとの個別の事情を拾い上げ,適切に主張しなければ,100万円単位で得られたはずの賠償が受けられなくなる可能性があります。

交通事故の死亡事故にあわれた際には,ご遺族の方は,死亡事故について十分な知識を備えた弁護士に相談することをお勧めします。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

ご遺族からのご相談も承ります

名古屋市内でも,死亡事故は発生しています。

当法人の名古屋駅法律事務所でも,名古屋市内外のそうした被害にあわれた方のご遺族からご相談をいただくことがあります。

やはりいくら賠償をされても本来ならば足りないという思いがおありでしょうが,だからこそ,低い基準での賠償ですまされてしまうことがないよう,相場をきちんと知り,当法人にご相談いただいたほうが良いかと思います。

当法人では交通事故直後からご相談を承り,早い段階から皆様のサポートをさせていただくことも可能です。

また,損害賠償無料診断サービスというものも行っておりますので,保険会社に賠償額を提示されている場合でも,受け入れる前に一度ご相談いただければと思います。

交通事故のご相談は,名古屋だけでなくお電話にて全国対応もさせていただいておりますので,名古屋市内にお住まいでない方,お近くに事務所がない方にもご相談いただくことが可能です。

名古屋駅法律事務所やその他の当法人の事務所がこれまで取り扱ってきた案件の一例は,「解決実績」のページからご覧いただくことできます。

重大な案件についても掲載しておりますので,一度ご覧になってみてください。

お問合せ・アクセス・地図へ