交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

専業主婦の基礎収入について-賃金センサスを用いた計算方法

1 専業主婦の方の基礎収入

交通事故による損害賠償の項目の中には,休業損害や逸失利益等,収入を基準に損害額を考える項目があります。

専業主婦の方は,会社員のように会社から給料をもらう立場にはなく,収入を考えることが難しい立場にあります。

毎日家事に従事し,現実的には収入を得ていない場合でも,家事に従事することに財産的価値がないということにはならないという考え方が,現在では一般的です。

では,現実的に収入を得ていない場合,専業主婦の方の基礎収入をどのように考えるべきでしょうか。

専業主婦の方は,現実的な収入を得ていないため,何らかの基準に沿って考える必要があり,賃金センサスの女子労働者の平均賃金を基礎収入と考えることが多いです。

賃金センサスを基準に考えると,全年齢の女子労働者の平均賃金は,年度によって多少の差はありますが,平成25年の場合,353万9300円となっています。

このように,全年齢の平均賃金で考えることが原則ですが,場合によっては,全年齢の平均ではなく,年齢別の平均賃金を考え,基礎収入を調整して考えることもあります。

たとえば,大腿骨骨折等により1級の家事従事者(女性・症状固定時の年齢90歳)について,賃金センサスの全年齢の女子労働者の平均賃金の2分の1を基礎に,収入を考えているケースもあります。

2 弁護士に依頼をするメリット

専業主婦の方が休業損害や逸失利益を請求する場合,弁護士に依頼をしていないと,そもそも家事従事者としての休業損害をお支払いいただけないこともあります。

現実的な収入がないため,ご本人からの積極的な主張がないと,そもそもお支払いがされなかったり,お支払いがされるとしても,賃金センサスの基準ではなく,自賠責の最低基準で計算をされたりすることもあります。

専業主婦の方は,現実的な収入がなくとも,家事に従事することには財産的価値が存在する側面があるのですから,賃金センサスを用いた基準でしっかりと請求をしていく必要があります。

また,専業主婦の方が休業損害や逸失利益を請求する際には,賃金センサスを用いた基準で請求することだけでなく,お支払いいただく期間についても交渉をする必要があります。

期間が短くなりますと,賃金センサスを用いた基準でお支払いがされても,結果的には,少ない金額しかお支払いいただけない可能性もありますので,注意が必要です。

当法人には名古屋にも事務所があり,交通事故の案件を多数扱っている弁護士が所属しておりますので,名古屋で交通事故のご相談をお考えの方は,お気軽に当法人までご連絡ください。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

専業主婦の方の休業損害

こちらのページでは,弁護士法人心名古屋駅法律事務所が,「専業主婦の方が交通事故にあわれた場合の賠償金」について情報を掲載しております。

給与をもらって働いているわけではないという場合,どうしても「休業損害や逸失利益は関係のない話だ」と思ってしまい,交通事故後に保険会社の提示した金額にそれらが含まれていなくても,特に疑問なく受け入れてしまうかもしれません。

疑問を持ったとしても,ご自身だけで保険会社と交渉し,交通事故によるそれらの損害を認めてもらうというのは大変かと思います。

専業主婦の方の休業損害などが認められる例も多々ありますので,諦めずに,まずは名古屋駅法律事務所などにご相談いただきたいと思います。

交通事故後提示された賠償金に休業損害などが含まれていた場合でも,それらが低い基準で提示されている場合もありますので,お気をつけください。

金額が思ったより低いと少しでも感じたら,当法人の「損害賠償無料診断サービス」などをご利用になり,ご自分の賠償金額を確認されてはいかがでしょうか。

その後ご相談をお考えになった場合でも,弁護士費用特約がついていればご負担なくご依頼いただける場合が多いですし,ついていない場合であっても交通事故であればご相談・着手金を原則無料とさせていただいておりますので,比較的ご相談いただきやすくなっています。

名古屋駅法律事務所は,名古屋駅のすぐ近くというお立ち寄りいただきやすい場所にあります。

お問合せ・アクセス・地図へ