交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

リハビリの回数と交通事故慰謝料との関連性

交通事故で怪我をした場合,骨折等の絶対安静が求められる傷病を除き,事故前の状態に戻るよう,リハビリを行っていくことが通例です。

リハビリの具体的な内容は,傷病の内容・程度,各人の特性等を踏まえて,担当医が決定することになります(実際にリハビリを補助するのは,理学療法士や柔道整復師であることがほとんどですが)。

ところで,リハビリの回数や期間は,交通事故における慰謝料の算定とも関連します。

たとえば,自賠責保険・共済における支払基準においては,傷害慰謝料については,通院1日につき4200円(通院日数は通院期間を上限として2倍にすることが可能)と規定されています。

赤本や青本等に記載されたいわゆる弁護士基準においては,一定程度の通院実績があることを前提に,通院期間の長短に応じた慰謝料の算定方式を採用しています。

このような運用に対しては,批判もあります。

慰謝料とは,被害者が被った精神的損害に対する賠償であるところ,それは事故ごとに異なっているのだから,諸般の事情を総合考慮して算定されるべきであるというものです。

このように諸般の事情を総合考慮するというやり方は,通常の裁判において採用されており,実際に周辺事情が考慮されて,慰謝料が増減することはあります。

しかし,ある周辺事情が慰謝料に影響するものかどうかは評価が加わるところ,加害者・被害者双方で評価が食い違うことが少なくなく,示談交渉において簡単にまとまることは通常ありません。

そのため,客観的事実である通院の回数・期間を慰謝料の算定に用いることは,加害者・被害者双方における見解の相違を生じにくくし,早期解決に資するものといえます。

また,通院の回数・期間が多いほど,傷害の程度,ひいては精神的損害の程度が重いと言えるという経験則は,多くの場合において成り立ち得るものですし,公平の観点から,同程度の傷病を負った被害者間の慰謝料の格差を生じにくくする効果もあります。

このようなことからすると,通院の回数・期間によって慰謝料を算定するやり方は一応の合理性を有していると言えるでしょう。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

交通事故のケガのリハビリ

交通事故でケガをされた方の中には,現在リハビリを行っているという方も多いかと思います。

一般的には,負ってしまったケガが重いものであったり治りが悪かったりすると,リハビリや通院の回数も多くなります。

こちらのページではリハビリの回数が慰謝料とどのように関わってくるかということをご説明しておりますので,リハビリの必要なケガをされた方はご覧ください。

とはいえ,「この回数リハビリに行ったから慰謝料はこれくらいになるはずだ」という計算を皆様がするのは大変かと思いますし,計算できたとしてもそれを保険会社に認めてもらうのは非常に難しいものです。

やはり,慰謝料に関してはお一人でどうにかしようとするのではなく,弁護士に依頼して交渉してもらうことをおすすめいたします。

もちろんどのような弁護士でもいいというわけではなく,交通事故の案件に詳しい弁護士を選び,相談してください。

当法人にはこれまでに数多くの解決実績がありますので,安心しておまかせいただけるかと思います。

名古屋駅に近い事務所です

まだリハビリの途中という場合,体が満足に動かずお車の運転ができないということもあるかと思います。

名古屋駅法律事務所は名古屋駅から非常に近い場所にありますので,お車を運転できない場合であっても電車でのご来所が可能です。

名古屋以外の事務所も駅に近いところに構えておりますので,「お問合せ・アクセス・地図」のページで各事務所の位置をご確認いただければと思います。

また,交通事故でのご相談に関しましては,当法人ではお電話でのご相談も承っております。

これにより名古屋以外の方のご相談もお受けできるようになっておりますので,交通事故のことでお悩みの方はぜひ当法人にご相談ください。

弁護士法人心名古屋駅法律事務所の弁護士・スタッフ一同,皆様のご相談をお待ちしております。

お問合せ・アクセス・地図へ