交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

入院雑費の請求に関して-領収書は必要?

1 日額いくらか

入院雑費は,実務上,1日1400円~1600円が認められます。

保険会社の示談案ですと,自賠責基準の日額1100円というのがよく見る金額です。

2 領収書は原則不要

入院雑費の種類は,以下のようにさまざまなものがあります。

①日用品雑貨費(寝具,衣類,洗面具,食器等購入費),②栄養補助費(栄養剤等),③通信費(電話代,切手代等),④文化費(新聞雑誌代,ラジオ,テレビカード代金等),⑤家族通院交通費等

これらの雑費は,必要性及び相当性の判断が個々人によってバラバラです。

また,少額であることが多いので,上記の入院雑費をいちいち全部被害者側に立証させるのは著しく煩雑であるとして紛争解決の迅速・簡明の観点から,入院雑費については,日額1400円~1600円として賠償されることがほとんどです。

もし,上記費用以外に,もっと高額で特別な事情により出費を余儀なくされたというような場合には,当然にその領収証を付けて相手方に請求していくことが必要となってきます。

3 入院雑費の金額でもめている場合

  1. (1) 保険会社基準及び自賠責基準

    保険会社の示談案には,日額1100円×入院日数分の金額が提案されていることがほとんどです。

    この基準を超える入院雑費を賠償させたい場合には,弁護士にご相談ください。

    弁護士にいえば,なんでも請求できるわけではありませんので,基本的には,請求したい項目があればその領収書が必要となります。

    領収証がない場合でも,報告書や陳述書を書くことで相手方に賠償させることができる場合もあります。

  2. (2) 適正妥当な金額を勝ち取るためには弁護士介入が必須

    入院雑費に限らず,休業損害,通院慰謝料,後遺障害等級がついた方などは,後遺障害慰謝料,後遺障害逸失利益についても,弁護士が示談交渉をすることで,保険会社基準や自賠責基準などの不当に低い金額ではなく,裁判基準の適正な金額まで増額して示談で解決することがほとんどの場合可能です。

    当法人の弁護士には,交通事故の被害者の方の案件を集中的に取り扱っている弁護士が複数名おりますので,経験豊富な弁護士がそろっておりあます。

    当然ながら保険会社との交渉にも慣れておりますので,安心してご相談・ご依頼ください。

    当法人は,電話相談も受け付けておりますし,来所ですと,名古屋駅から徒歩1分以内の場所にオフィスがありますので各所からのアクセスも抜群だと思われます。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

駐車場内での交通事故について

名古屋には駐車場もたくさんあります。

たとえば名古屋市科学館や東山動物園などは,お休みの日になると名古屋市内外から多くの人が集まるため,駐車場もいっぱいになっています。

そういった場所では,車同士の接触や車と人との接触が起こってしまうことがあります。

交通事故は道路だけでおこるものではなく,実際,駐車場内での交通事故は非常に多いです。

道路交通法は,基本的に道路,道路に準ずる場所において適用されるものであるので,駐車場内での交通事故について,「警察は関与しない」「交通事故証明がでない」などといったことを耳にしたことがある人もいらっしゃるのではないのでしょうか。

確かに,一般の人や車が自由に入ってこられないような私有地内では,運転免許がなくても運転できます。

そういった場所における物損事故の場合,届け出義務はありません。(逆に言うと,そうでない場所での交通事故は,たとえ軽微な物損事故でも道路交通法上,警察への報告義務があります。)

ただし,人身事故であれば,いかなる場所であっても警察への届け出が必要です。

負傷者の救護,及び警察への連絡は必ずしなければなりません。

では,駐車場などの私有地で,物損事故を起こした場合ですが,警察への届け出義務はありませんが,通常は駐車場内での事故であっても,届け出たほうがよいでしょう。

駐車場内で起きた交通事故の場合,過失割合の算定が難しいケースが多いです。

また,保険会社においても,効率よく手間をかけずにすすめたいような対応が見受けられることもあります。

きちんとどういった状況で交通事故がおこったのか,しっかりと実況見分を行い,場合によっては,交通事故に強い弁護士に相談されることをお勧めいたします。

名古屋は電車での移動も便利ですが,それでも名古屋市内にはたくさんの駐車場があります。

駐車場内での事故はかなり多いことを気にとめていただき,交通事故防止に努めた運転と,万が一のときは,冷静に,しっかりと対応し,後の示談金や損害賠償金等で納得いく金額が得られるようにと思います。

名古屋に事務所を構えております当法人は,交通事故案件を集中的に取り扱う交通事故チームを構成しております。

交通事故被害に遭われた方のお力になれますよう日々尽力しておりますので,名古屋やその付近で被害に遭われた方はぜひご相談ください。

名古屋駅法律事務所は名古屋駅近くにありますし,ご契約いただいたお客様には駐車料金もサービスしておりますので,お車でのご来所も可能です。

お問合せ・アクセス・地図へ