交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

「損害賠償金(示談金)」に関するお役立ち情報

ライプニッツ係数とは?交通事故慰謝料計算サポート

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2019年10月24日

1 中間利息控除(ライプニッツ係数)とは

⑴ ライプニッツ係数は何か

ライプニッツ係数とは,将来受け取るはずの金銭を,損害賠償の段階で前倒しで受けたるため,得られた利益を控除するために使う指数です。

交通事故の損害賠償請求においては,主に,後遺障害による逸失利益を計算する際に用いられます

⑵ 受け取れる賠償額についてのルール

例えば,1年後に100万円を受け取るはずだったものを事前にもらったとします。

この場合,100万円を1年早く手に入れる事になるので,1年の間,本来よりも早くそのお金を使うことができることになり,利息という利益が発生する事になります。

交通事故にあったことを考慮しても,被害者が将来得られるはずの利益を前倒しで受け取ることにより,本来よりも多い利益を得るのは妥当でないとして,前倒しされる期間の利息は差し引かれるべきというルールになっています。

発生する利息については,民法で定まっている年利5%で計算されます。

そのため,1年後に受け取れるはずの100万円を,現在の価値に直した場合に,受け取れる金額は,95万2381円(=100万÷(1+0.05))となります。

これが1年ではなく,2年後に受け取れるはずの100万円を現在受け取るとなると,現在受け取ることのできる金額は90万7029円(=100万÷(1+0.05)²)となり,かなり計算が複雑になります。

⑶ ライプニッツ係数を用いると

これを計算しやすくした数値がライプニッツ係数です。

例えば,「年収500万円の人に14級の後遺障害が5年間残る場合」について考えてみましょう。

14級の後遺障害は労働能力喪失率5%であり,5年のライプニッツ係数は4.3295となります。

したがって,この損害の賠償を一括で請求すると,108万2375円(=500万円×0.05×4.3295)を現在受け取れることになります。

このように,もらえる金額と年数から計算される合計金額にライプニッツ係数を掛ければ,現在受け取ることのできる金額が算定できるようになっています。

2 交通事故の賠償・慰謝料の請求は弁護士にご相談を

交通事故にあってしまって,賠償額の計算方法がわからない,もっと高額な適切な慰謝料を受け取りたいといった場合には,弁護士法人心までご相談ください。

弁護士法人心では,交通事故を集中的に取り扱う交通事故チームの弁護士が,交通事故の賠償において獲得できる金額について計算させていただき,ご相談に乗らせていただきます。

フリーダイヤル0120-41-2403(フリーダイヤル ヨイ ニシオサン),までお気軽にご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

弁護士等の専門家

損害賠償金(示談金)

後遺障害

過失

治療

保険

名古屋の周辺にお住まいの方へ

その他

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

名古屋で賠償金額に疑問・不満がある方,ご相談ください

ライプニッツ係数,というものをご存知でしょうか。

これは,交通事故の賠償金額を計算する時に,逸失利益を考えるうえでとても重要な役目を持つ係数です。

その内容については,当ページでのご説明をお読みください。

今はインターネットで様々な情報を得ることができますので,賠償金に関する情報も色々と入手できるかと思います。

ですが,それでもやはり,ご自分だけで相手方の保険会社と賠償金額の増額交渉を行うというのは難しい話かと思います。

賠償金額に納得がいかない点がある時や,「どうしてこういった金額になるのかわからない,もっと上げられないだろうか」とお思いの時には,当法人にご相談ください。

当法人の損害賠償金額を診断するサービスは無料でご利用いただけますし,弁護士費用特約がついていない場合でも,交通事故のご相談については相談料・着手金が無料です。

後遺障害が残っている場合には,その等級申請についてもサポートさせていただいております。

交通事故を集中的に担当する弁護士がおりますので,複雑な問題もご相談ください。

名古屋には当法人の名古屋駅法律事務所と本部,名古屋みなと法律事務所があり,お住まいの場所などにあわせて事務所をお選びいただくこともできます。

お問合せ・アクセス・地図へ