交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

交通事故の通院慰謝料はどれくらい?適正な金額は弁護士に相談

1 通院慰謝料とは

慰謝料とは,精神的苦痛に対する金銭賠償のことをいいます。

慰謝料にも,2種類の慰謝料があります。

事故日から症状固定日(もしくは完治日)の期間に応じて賠償が受けられる通院慰謝料(傷害慰謝料ともいいます。)と,後遺障害等級が認定されたことによって等級に応じて賠償が受けられる後遺障害慰謝料です。

このページでは,通院慰謝料について説明していきます。

2 基準について

後遺障害の等級認定手続には,事前認定手続と被害者請求手続があります。

  1. (1) 自賠責基準

    自賠責保険金からは,治療費や通院交通費等他の項目を含めてトータルで120万円しか支払ってもらうことはできません。

    120万円を超える部分については,相手方(ないし相手方加入の保険会社)に賠償してもらうのです。

    慰謝料ついては,入通院慰謝料については,1日4200円が支払われます。

    正確には,総通院期間×4200円,もしくは,実治療日数×2×4200円のいずれか低い金額が支払われることになります。

  2. (2) 任意保険会社基準

    任意保険会社基準は,明確な算定基準はないと思われます。

    自賠責金額よりわずかに上回る金額程度でしか,提示されてこないことが多いです。

  3. (3) 裁判基準
    1. ア 赤い本基準

      赤い本基準とは,東京地裁の裁判例の基準です。

      通院慰謝料の基準は別表Ⅰと別表Ⅱ基準の2つがあります。

      別表Ⅰ基準は,骨折などの他覚的所見がある傷害についての基準です。

      別表Ⅱ基準は,むちうち症などのように他覚的所見のない場合用いられる基準です。

      金額の高さでいうと,別表Ⅰ>別表Ⅱとなります。

      たとえば,通院期間3ヶ月では,別表Ⅰ基準では73万円であるのに対し,別表Ⅱ基準では53万円となっております。

      通院6ヶ月は,別表Ⅰでは116万円,別表Ⅱでは89万円です。

      通院12ヶ月は,別表Ⅰでは154万円,別表Ⅱでは119万円です。

    2. イ 青本基準

      青い本は,簡単にいいますと,全国の裁判基準が書いてある本のことです。

      青本基準には,幅のある金額が基準として書いてあります。

      上限と下限が定められています。

      たとえば,通院3ヶ月の欄をみますと,46万円~84万円,通院6ヶ月は76万円~139万円,通院12ヶ月では106万円~194万円となっています。

      下限は,むちうち症などの場合に用いられる基準です。

      上限は,大腿骨の複雑骨折または粉砕骨折,脊髄損傷を伴う脊柱の骨折等,苦痛や身体の拘束が強い症状の場合には上限基準が用いられたりします。

      その他の傷害については,上限の7~8割程度の金額が目安とされます。

      特に苦痛の大きい状態が継続したとか特段の事情がある場合には,上限の2割程度増額した基準を用いる場合もあります。

3 慰謝料の交渉は弁護士に

裁判基準で賠償してもらうのは,多くの場合,弁護士が介入しないと難しいと言わざるをえません。

適切な金額を勝ち取りたいのであれば,根気強く交渉してくれる弁護士を探されることをお勧めいたします。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

ケガをしてしまったら

名古屋でも,交通事故は数多く起こっています。

交通事故にあった場合,病院で検査を受ける必要があります。

名古屋にも様々な病院がありますが,検査を受ける時に何科に行けばいいかわからない場合などには,大きめの様々な科がある病院に行くとよいかもしれません。

ケガの通院にかかる費用は,基本的には交通事故の相手方が加入している保険会社から支払ってもらうことができます。

こうした慰謝料には自賠責基準・保険会社基準・裁判所基準といった三種類の基準があります。

相手方が任意保険に入っている場合でも,こうした基準についてよく知らずに相手の言うことを鵜呑みにしていると,自賠責よりは高いとしても裁判所基準よりは低いといったような,保険会社基準で話がまとまってしまうかもしれません。

かといって,相手の保険会社も利益を追求する必要があってやっていることですから,ただ「もっと高くしてください」というだけでは,なかなか「わかりました」とは言ってくれません。

やはり,交通事故に詳しい弁護士に依頼をして,介入してもらうのがスムーズなのではないでしょうか。

名古屋に本部がある当法人では,交通事故の賠償金額を診断するサービスを無料で行っておりますし,ご相談の方も,弁護士費用特約が使えるほか,特約がない場合でも相談料。着手金が無料です。

名古屋にお住まいの方がもちろん,そうでない方のご相談も交通事故・後遺障害であれば対応させていただけますので,交通事故の問題は名古屋駅法律事務所までお気軽にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ