交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

高齢者や子どもの死亡事故とその慰謝料

1 交通事故によりご家族を亡くされた場合に受けることのできる賠償

交通事故による死亡事故において受けることのできる損害は,葬儀費,逸失利益,死亡本人の慰謝料及び遺族の慰謝料が主なものとなります。

2 弁護士に依頼するべき理由

交通事故でご家族を亡くされた遺族の方々が最も望まれることは,事故以前の状態に戻してもらいたいということであることは間違いありません。

しかしながら,現実として,保険会社は,このような遺族の方々に対して,裁判で認められるものと比べると不当に低い金額の示談案の提示を行うことが多々あります。

例えば,保険会社は,自賠責の基準を参考にして示談案を作成するため,その慰謝料は,子どもの死亡事故の場合には,その父母など,高齢者の場合にはその配偶者や子どもなどの近親者が一人の場合には,その親族自身の慰謝料として550万円,二人の場合は,合計650万円,3人以上の場合には合計750万円程度にすぎません。

そこに,死亡本人の慰謝料の350万円程度を加算した額,900万円~1100万円程度の額の提示を行うことが多くなっています。

しかしながら,子どもや高齢者の死亡事故における慰謝料は,2000万円~2200万円程度が裁判における妥当な金額と考えられており,保険会社が提示する示談案とは2倍程度の差があることになります。

このような不当な提案を保険会社が提示してきた場合には,弁護士に依頼することで,示談段階であっても,裁判基準に準じた額の慰謝料を受け取ることができることがあります。

このように,弁護士が示談交渉に介入することによって,保険会社の提示する示談金を大幅に増加させ,適正な金額とすることで,ご遺族の方の金銭面における負担を軽減させるお手伝いをすることができます。

弁護士法人心名古屋駅法律事務所では,交通事故に精通した弁護士が多数在籍しておりますので,是非一度ご相談ください。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

子どもや高齢者の方が亡くなられた場合

名古屋に限らず,交通事故においては子どもや高齢者が被害にあうことも非常に多いです。

当ページでは,そういった場合の慰謝料についてご説明しております。

ご遺族の方としては,身内の方を亡くされた時に保険会社との交渉を行うというのは,心身ともに非常にご負担がかかることかと思います。

ですが,こういった場合に関しましても保険会社が示してくる金額は裁判所基準よりも大幅に低い場合がありますので,交渉はしておいた方が良いかと思います。

このような交渉は心身ともに負担がかかるだけでなく,個人では難しいということもありますので,早めに弁護士を入れた方が良いのではないでしょうか。

保険会社も,弁護士が入ることにより裁判をすることなく高い基準での賠償金額を受け入れることも多く,個人で交渉する場合よりも話がスムーズに進みやすくなります。

弁護士法人心名古屋駅法律事務所では被害者の方が亡くなられた場合の交渉も多く行っており,ご遺族の方に寄り添う体制が整っております。

名古屋駅法律事務所は名古屋駅から徒歩2分のところにあり,ご来所いただく際にもご負担が少ないほか,皆様のご都合に合わせて柔軟にご相談の時間をとらせていただいております。

ご予約をいただければ夜間・土日のご相談にも対応しておりますので,ご予約の際にご都合をおっしゃってください。

お問合せ・アクセス・地図へ