交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

後遺障害等級9級の慰謝料増額交渉

1 保険会社の示談にすぐに応じていいの?

交通事故に遭ってしまい,保険会社との交渉で後遺障害等級9級と言われたけど,保険会社から提示された慰謝料の金額が低すぎて納得できない。

でも,これ以上慰謝料の金額が上がるのか分からない・・・。

事故により負ってしまった後遺障害について正当な賠償を受けるためには,まずは適正な後遺障害認定を受けることが大切です。

しかし,ただ認定を受けるだけでは不十分で,適切な慰謝料を支払ってもらうためには,保険会社との交渉が非常に重要です。

後遺障害の慰謝料は,保険会社との交渉次第で増額できる可能性があり,同じような後遺障害を負った場合でも,誰が交渉をするかで全く違う示談金額になることもあるのです。

2 知らないと損!?3つの基準

そもそも,後遺障害の慰謝料を計算する基準には,「自賠責基準」「任意保険基準」「弁護士基準」の異なる3つの基準があり,それぞれの基準で慰謝料の金額が違います。

「弁護士基準」とは,裁判所での手続きになったときに裁判所で用いられる基準で,一番金額の高い基準です。

しかし,保険会社が示談交渉をするとき,保険会社が弁護士基準を使うことはほとんどなく,もっと低い金額の基準で交渉しようとします。

保険会社の担当者は,なるべく安い金額で早く示談をまとめたいと考えていますから,慰謝料の計算をする基準が複数あることは言わず,「これ以上は出せない」「適切な金額の慰謝料ですよ」などと言って,より低い金額で被害者の方と示談をまとめようと交渉してくるのです。

3 「弁護士基準」で交渉しよう

しかし,弁護士が介入すると,弁護士が弁護士基準で慰謝料を請求することは明らかなので,保険会社としても,弁護士基準での交渉に応じざるを得なくなります。

例えば,自賠責保険の基準だと後遺障害第9級の賠償金額は後遺障害慰謝料も含めて全部で616万円とされていますが,弁護士基準だと,後遺障害慰謝料だけで690万円(財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部「損害賠償額算定基準上巻」によった場合)程度が認められることもあり,大きな金額のひらきがあります。

4 更に増額が認められることも・・・。

また,加害者に故意や重過失がある場合,加害者の態度が不誠実である場合など,一定の場合には更に慰謝料の増額が認められる場合もあります。

このような増額事由は,事故発生時からその後の交渉経緯など,全ての事情を検討してから,増額事由を保険会社との交渉において効果的に主張する必要があります。

5 示談に応じる前に弁護士に相談しよう!

保険会社から示談額を提示されている被害者の方は,提示額をそのまま鵜呑みにするのではなく,一度弁護士にご相談することをお勧めします。

後遺障害慰謝料は不幸にも事故で負ってしまった被害者の方の後遺障害を補填し,今後の生活に使っていただくべきお金です。

保険会社としっかり交渉し,正当な賠償を受け取りましょう。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

交通事故の後遺障害と慰謝料

慰謝料の増額交渉というのは,個人で行うのはなかなか難しいものです。

納得がいかないと思っていても,保険会社というプロから「これが精一杯の慰謝料です」と言われてしまうと,それ以上の交渉を進めることが難しくなってしまうという方も多いのではないでしょうか。

当ページでご説明しているように,交通事故の慰謝料には様々な基準がありますので,弁護士が介入することで増額を図ることができる場合もあります。

後遺障害の申請をして適切な等級が認められた場合には,さらに増額できる場合がありますので,交通事故のケガの症状が残ってしまわれた方は,相手方に申請を任せきりにせずに当法人などにご相談ください。

交通事故被害者の皆様の適切な賠償金額がどれくらいになるのかという診断は,当法人では無料でお受けいただけます。

当事務所や本部は名古屋にありますが,名古屋にお住いでない方で交通事故の被害にあい,ご相談をお考えになっている方もいらっしゃるかと思います。

交通事故・後遺障害のご相談は,名古屋や名古屋周辺の方以外であってもお電話にて全国対応させていただけますので,お気軽にお申し付けください。

また,交通事故による後遺障害についても,当法人は詳しくご紹介するサイトをご用意しております。

交通事故により症状が残ってしまわれた,残る不安がある方は,そちらもご覧ください。

お問合せ・アクセス・地図へ