交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

交通事故の慰謝料増額交渉は弁護士法人心 名古屋駅法律事務所にお任せ

交通事故の被害に遭ってしまった場合,通常,事故の相手方が加入する任意の保険会社が治療費の支払いを行い,被害者は治療を続けることになります。

そして,治療が終了した段階で,相手の保険会社から示談案が提示されることとなります。

その示談案に記載されている賠償額の中心となるものが「慰謝料」です。

保険会社の提案する慰謝料の計算方法は,自賠責の慰謝料の計算方法を参考にした独自の計算方法で算出された額となっています。

そのため,実際に裁判所が認める額と比べると,低い金額となっていることが多くなっています。

そして,そのような事実を知らずに,交通事故の専門家である保険会社が提示したものであるから正当なものに違いないと考えて示談をしてしまう被害者の方が多いのが現状です。

また,インターネット等を通じて,しっかりと情報を集め,保険会社の提示する金額の妥当性を判断される方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら,示談段階においては,被害者本人が,保険会社と交渉し,裁判所が認める額やそれに近い額を支払うように求めたとしても,保険会社はなかなか首を縦に振りません。

このような問題を解決するために,賠償金についての増額交渉を弁護士に依頼することが有用です。

弁護士が,示談交渉に介入した場合,保険会社は,自らの算定した慰謝料額に正当性がないことは理解しているため,多くの場合裁判基準もしくはそれに近い額の支払を認めることとなります。

もっとも,弁護士に頼みさえすれば,どのような弁護士に頼んだとしても結論が変わらないというわけではありません。

慰謝料の増額交渉においては,どのような事由が過去の裁判例において重視され増額につながったのかを把握していなければ,各被害者の真実に正しい慰謝料額を保険会社に認めさせることはできません。

弁護士法人心の名古屋駅法律事務所においては,数多くの交通事故事件を扱っており,様々なケースの示談交渉を行ってきた実績があります。

このような経験やノウハウを蓄積することで,あらゆる場合において適正な慰謝料額を請求していくことができます。

弁護士法人心名古屋駅法律事務所は,名古屋駅太閤通南口から徒歩2分のところに所在しておりますので,交通事故でお悩みのある方は,是非一度ご連絡下さい。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お一人での交渉は大変かもしれません

交通事故において,お一人だけで保険会社との交渉を行うというのはやはり難しいものです。

交渉のために多くの情報を集めるのも一苦労ですし,保険会社も被害者の方だけでの交渉ではなかなか金額を上げないことが多いため,被害者の方も「そこまでするくらいなら,もう,この金額でいいかな……」と思ってしまうこともあるかもしれませんね。

そういった場合には,弁護士に依頼をすることで話がスムーズに進むことがあります。

依頼をするというのも敷居が高く,「そこまでするくらいなら」と思われてしまうこともあるかもしれませんが,当法人はローコストで案件を処理するようにしているため,ご依頼がとても簡単かと思います。

弁護士費用特約がない場合でも,交通事故でご相談いただく場合は相談料・着手金が原則無料となっておりますので,あまり負担を感じることなくご相談いただけるかと思います。

名古屋駅法律事務所など,当法人の事務所では損害賠償無料診断サービスも行っておりますので,まずはそちらでご自身の損害賠償金額を診断されてみてはいかがでしょうか。

交通事故の案件の場合,名古屋駅法律事務所までご来所いただくのではなくお電話で対応が可能である場合もありますので,その点でもお気軽にご相談いただけるのではないかと思います。

弁護士法人心名古屋駅法律事務所では,複数の弁護士及びスタッフで,多くの交通事故案件を取り扱っております。

当事務所は名古屋に事務所を構えておりますが,名古屋で交通事故に遭われる被害者の方は非常に多く,そういった方々からたくさんのご相談やご依頼を受けております。

交通事故に遭われた被害者の方は,加害者に対して損害賠償請求権を有しており,その解決方法は,大きく分けて示談か裁判かということになりますが,その多くが示談で解決しております。

日本では,自動車等のドライバーは強制保険である自賠責保険のみならず,任意保険にも併せて加入しているケースが多いため,おのずと,交通事故の示談交渉も加害者加入の任意保険の担当者であることが多くなります。

交通事故の損害賠償金の損害項目には,治療費,通院交通費,休業損害,慰謝料等様々な項目があり,これらの損害賠償金の支払基準には,①強制保険である自賠責保険の支払基準,②各任意保険会社の独自の支払基準である任意保険基準,③裁判所の認定基準である裁判基準と3つの基準があります。

上記支払基準は,①が最も低く,③が最も高くなるのが通常です。

示談交渉に際して,相手方保険会社の担当者は通常上記②の基準に基づき損害賠償金を計算し,交通事故被害者に対して示談提案を出してきますが,その額は,③の裁判基準よりは低い金額となっていることが多いのが現状です。

当事務所では複数の弁護士が,多くの,かつ,様々なケースの交通事故案件を扱ってきた経験やノウハウ等の強みを最大限に活かし,交通事故被害者の方が適正な損害賠償金を獲得することができるよう,日々取り組んでおります。

残念ながら,泣き寝入り,誤解,過信等の理由で,適正な損害賠償金を得られていない交通事故被害者の方は非常に多くいらっしゃいます。

交通事故に遭われた被害者の方は,是非一度,弁護士法人心名古屋駅法律事務所までご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ