交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

併合11級の慰謝料請求-2つ以上の後遺障害の場合

交通事故の被害に遭われて,大きなお怪我をされた方の中には,懸命に治療を受けたにもかかわらず,症状が完治しないまま症状固定を迎えてしまう方も少なからずいらっしゃいます。

症状固定とは,傷病に対して行われる医学上一般に承認された治療方法をもってしても,その効果が期待し得ない状態で,かつ,残存する症状が,自然的経過によって到達すると認められる最終の状態のことを言います。

簡単にいってしまうと,症状固定とは,お医者さんが「頑張って治療しても,もうこれ以上は良くならなさそうですね・・・。」と判断したタイミングのことです。

症状固定時点で,体に残された怪我の影響は,後遺障害として損害賠償の対象となりえます。

実務上は,加害者の加入している自賠責保険の保険会社が窓口となり,損害保険料率算出機構という機関で後遺障害として認定を受けて,そのことを根拠に後遺障害に関する損害賠償請求を行うことが一般的です。

後遺障害の認定については「後遺障害別等級表」というものが設けられており,人間の体の各部分に,どのような内容の障害がどの程度残ったかという観点から,一番重い第1級から一番軽い第14級まで細かく区分けされており,この「後遺障害別等級表」に記載されている後遺障害に該当するかどうかという観点から認定が行われます。

例えば,「1眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの」は第14級1号となります。

また,「1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの」は第11級2号に,「1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」は第11級6号になります。

後遺障害に関する損害賠償請求では,認定された等級に応じて,慰謝料等が変動することが一般的です。

例えば,第12級に該当する後遺障害が認められれば,自賠責基準で93万円程度,裁判基準で290万円程度の慰謝料が認められます。

では,神経症状の12級と外貌醜状の12級など,別の部位の別系統の後遺障害が一つの事故で認定された場合はどうなるのでしょうか。

この場合には、併合繰り上げといって,二つ合わせて併合11級の後遺障害が認定されたものとして、計算されることとなります。

なお,以上で述べたことはあくまでも一般的な後遺障害に関する話であり,実際に示談交渉や裁判などで争いになっているケースでは,後遺障害の内容次第では,逸失利益が否定されたり低く見積もられたりする反面で慰謝料を高くして調整する例など,様々なバリエーションがございます。

これらの点については,ぜひ弁護士等にご相談いただければと思います。

名古屋周辺の方は,名古屋駅法律事務所へお越しください。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

複数の症状が残ってしまったら

交通事故で負ってしまうケガが一つとは限らないのと同様に,交通事故によって残る後遺症も一つだけとは限りません。

交通事故により体の一箇所に二つ以上の後遺症が残ることもありますし,体の二箇所以上に後遺症が残ることもありえます。

負ってしまったケガを見つけ,万が一後遺症が残ってしまった時にも主張できるよう,交通事故にあって検査を受ける時には,痛みや違和感のある場所についてきちんと症状を訴えるようにしてください。

また,交通事故による後遺障害の申請には様々な知識が必要となる場合もありますが,当法人にご相談いただければ,申請についてもしっかりとサポートさせていただきます。

交通事故による賠償金額を診断するサービスや後遺障害の適性等級を診断するサービスも無料にて行っておりますので,交通事故にあわれた方はお早めにご相談ください。

当法人は名古屋に本部があり,名古屋駅法律事務とともに名古屋駅を出てすぐのところにあります。

名古屋の事務所までご来所いただくことが難しい場合などには,お電話にて対応させていただくこともできますので,名古屋やその付近で交通事故にあわれた方は,ご相談をあきらめず,まずはお電話ください。

お問合せ・アクセス・地図へ