交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

外傷性頚部症候群の慰謝料請求-交通事故の専門弁護士へ相談

1 慰謝料として請求できるもの

交通事故に遭われた方は,最後の段階で示談をする方が多いですが,示談の際に,被害者の方は慰謝料というものを請求することができます。

これには2種類のものがあり,一つ目が入通院に関するもの,二つ目が後遺障害に関するものです。

  1. (1) 入通院に関するもの

    入通院に関するものにつきましては,後遺障害の等級の認定の有無にかかわらず,請求をすることができます。

    請求をする際の基準につきましては,以下の3つの基準があります。

    1. ① 自賠責基準
    2. 自賠責基準は,最低限の基準であり,計算方法も決まっています。

    3. ② 任意保険会社の基準
    4. こちらは,各保険会社で定めている基準となります。

      保険会社ごとに定めている基準が異なりますので,一律で決まっているわけではありません。

    5. ③ 弁護士基準
    6. 弁護士が示談金の交渉をする際には,①の自賠責基準,②の任意保険会社の基準は使わずに,弁護士の基準で請求をすることになります。

      弁護士の基準は,一般的には,①自賠責基準や②任意保険会社の基準よりは,金額が高くなりますので,被害者の方にとっては,弁護士の基準で請求する方法が最もご納得いただける方法であることが多いです。

  2. (2) 後遺障害に関するもの

    後遺障害に関するものにつきましては,基本的には,後遺障害の等級認定を受けた方のみ請求をすることができます。

    外傷性頚部症候群の方ですと,後遺障害の等級としては,14級9号もしくは12級13号という等級が認定される可能性があります。

    14級9号が認定された場合,自賠責からは75万円がお支払いされます。

    また,12級13号が認定された場合には,自賠責から224万円がお支払いされます。

2 交通事故の専門弁護士への相談

以上のように,慰謝料には2種類のものがありますが,これを相手方保険会社に請求する際,弁護士が入っている場合と入っていない場合とで,金額が大きく異なることが多くなっております。

たとえば,入通院に関するものにつきましては,弁護士が入っていない場合には,自賠責基準や任意保険会社の基準でしかお支払いいただけないこともあり,弁護士が入って初めて弁護士基準でのお支払いがされることも多いです。

また,後遺障害に関するものにつきましては,自賠責からお支払いされる金額は等級ごとに決まっておりますが,弁護士の基準ですと,たとえば14級の場合には110万円,12級の場合には290万円が一つの目安になっており,自賠責の基準よりも高い金額となっております。

このように,弁護士が入っている場合には,獲得できる金額が高くなることが多いので,まずは,交通事故を扱っている弁護士に一度ご相談いただくのがおすすめです。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

交通事故によるむちうち症

外傷性頚部症候群というのは,一般にむちうち症と言われることが多い,交通事故によるケガのことです。

こうしたケガは交通事故直後に症状が出てくるとは限らず,交通事故から数日たってから症状が出てくることもありますので,交通事故後は早めに検査を受け,症状ができたら我慢せず病院に行きましょう。

むちうち症と聞くと軽いケガのように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが,むちうち症でも後遺症が残ることがあります。

万が一交通事故のケガの後遺症が残ってしまった場合には,賠償金額にも関わることですので,適切な等級が認定されるよう,十分な準備をして申請を行う必要があります。

また,後遺症が残らなかった場合でも,気をつけていないと交通事故の相手方の保険会社から低い賠償金額を提示されるおそれがありますので,お気をつけください。

ご自分の適切な交通事故の賠償金額について知りたい方も,等級申請についてお考えの方も,ぜひ当法人にご相談ください。

相談は,名古屋駅から徒歩2分のところにある名古屋駅法律事務所にご来所いただいて行うほか,交通事故・後遺障害では名古屋やその周辺以外の方からもご相談をお受けできるよう,お電話でのご相談も承っております。

どちらの場合でも,まずは0120‐41‐2403へのお電話で,ご予約をお願いいたします。

お問合せ・アクセス・地図へ