交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

弁護士特約を利用可-交通事故慰謝料増額のご相談

交通事故におけるケガに対する損害項目の一つに慰謝料があります。

慰謝料とは,基本的に精神的損害に対する賠償と解されています。

目に見えない精神的損害をどのようにして算定するかは難しい問題ですが,交通事故の実務においては,治療期間及び治療日数,後遺障害がある場合はその程度に応じた一定の基準が確立しています。

慰謝料の交渉をする場合は,前記基準を参照しながら行うのが通例です。

ところで,慰謝料の基準は1つではありません。

自賠責保険の基準(自賠責基準),任意保険会社・共済の基準(任意基準),弁護士・裁判等における基準(弁護士基準)など,大きく3つに分けられます。

そして,任意保険会社・共済の担当者が最初に提示してくる慰謝料は,自賠責基準や任意基準によって算定されたものであることがほとんどです。

その理由は,弁護士基準に比べて自賠責基準や任意基準で算定する方が金額を低く抑えられること,低く抑えられたことについて被害者自身が気づかないことが多いこと等があげられます。

最近は,インターネット等の普及によって,個人の方でも基準が複数あることを容易に調べられるようになったことから,自ら弁護士基準による算定を求めるケースも見受けられますが,任意保険会社・共済側が素直に応じることはあまりないようです。

そのため弁護士基準による慰謝料の算定を主張するには,弁護士に委任して弁護士を通じて行うのが現実的です。

弁護士に依頼する場合に費用の心配がありますが,任意保険・共済の弁護士特約に加入している場合は,保険金によって弁護士報酬が賄われます。

弁護士特約による保険金には上限額が設定されていますが,非常に重症の案件等を除き,弁護士報酬が上限額を上回ることはほとんどありません。

弁護士特約がない場合でも,弁護士介入による増額分から弁護士報酬を差し引いた金額がプラスとなる場合は,額にもよりますが,弁護士への委任を検討してみてはいかがかと思います。

ご自身で判断がつかない場合も,後日において後悔しないためにも相談してみることをお勧めします。

弁護士法人心では交通事故相談は原則無料であるほか,相手方が提示した示談金額のチェックも無料で行っておりますので,ご利用いただければ幸いです。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

皆様のご負担を少なくしております

名古屋駅法律事務所では,交通事故のご相談にあたっては弁護士費用特約をご利用いただくことができます。

この特約は,皆様がたとえば当法人の名古屋駅法律事務所にご依頼をしていただいた場合,それにかかる費用を皆様が加入している保険会社が支払ってくれるというものです。

弁護士費用特約は,誰の加入している保険にもついているというものではありませんが,場合によってはご家族の特約も使える場合がありますので,ご自分の加入している保険とあわせてご確認いただければと思います。

自分の加入している保険会社から弁護士費用を支払ってもらえるとなると「次から保険料が高くなるのでは」と不安になるかもしれませんが,これによって等級が変わることはありませんので,安心してご利用いただけます。

また,特約がついていない場合でも,交通事故の案件であれば相談料・着手金原則無料にてお受けしておりますので,ご負担は比較的少ないかと思います。

納得がいかないような賠償金額となってしまわないよう,まずは損害賠償無料診断サービスだけでもご利用ください。

お問合せ・アクセス・地図へ