交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

賠償額の計算方法

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

損害賠償額にできる項目

治療費は,病院や接骨院などでの入院や通院治療にかかる費用です。

加害者側の保険会社から治療費が支払われることが一般的ですが,加害者側が任意保険に加入していない場合などは,被害者請求をして,自賠責保険会社から治療費が支払われることもあります。

また,交通事故にあうと,けがをして痛い思いをするばかりでなく,入院や通院を余儀なくされることで精神的な苦痛も伴います。

これら肉体的,精神的苦痛に対して支払われるのが入通院慰謝料です。入院及び通院の日数や期間に応じて計算をしていきます。

しかしここで注意をしなければならないのが,保険会社との示談段階で使われる基準と,弁護士が介入した場合に使われる基準に違いがあることです。

違いについては,「損害額の算定基準の種類」のページでご説明しております。

交通事故によるけがで,会社を休まざるを得なくなってしまった場合や,通院により会社を早退しなければならない場合など,収入の減少が考えられます。

こういった収入の減少があった場合,休業損害を請求することができます。

休業損害についても,損害額の算定基準によって損害額が変わってきます。

これらの他にも,通院交通費や後遺障害認定を受けた場合には,後遺症慰謝料や逸失利益なども損害賠償として認められます。

計算方法などについてご説明いたしましたが,「自分のケースではどうなるのか」ということについては,よくわからないという方も多いかと思います。

弁護士法人心名古屋駅法律事務所や当法人の他の事務所では,損害賠償無料診断サービスというものを無料にて行っております。

こちらのサービスは名古屋など事務所のある地域だけでなく全国でお受けいただけるため,名古屋以外にお住まいの方もお気軽にご利用ください。

お問合せ・アクセス・地図へ