交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

むちうちで手のしびれが残っている-後遺障害のご相談

むちうちの場合,等級認定のうち,14級9号の「局部に神経症状を残すもの」に該当するかどうかが問題となることが多いです。

14級9号に該当することとなった場合には,裁判所基準で300万円以上の金額が見込まれることもありますが,非該当になった場合には,せいぜい50万円の示談金額が見込まれるに過ぎないこともあります。

このように,等級認定においては,14級9号に該当するかどうかが,最終的な解決金額を大きく左右する可能性があります。

後遺障害認定では,CT等の画像上,どのような所見(いわゆる画像所見)が存在するかだけでなく,様々な事情が考慮されます。

たとえば,神経症状が残っている場合は,医療機関に通院の上,治療を試みることとなるでしょうから,医療機関への通院の頻度が1つの考慮要素になります。

また,自動車が大きく変形している等,事故態様が重大であれば,神経症状が残るような結果が生じる蓋然性も高まるでしょうから,事故態様の重大性も1つの考慮要素になります。

上記以外には,症状の重篤性,常時性等が考慮されます。

むちうちの場合,神経が圧迫されることにより,手のしびれの症状が生じることがしばしばあります。

手のしびれについても,たとえば,物をつかむことができない程のものであれば,重篤性のある症状であるということになります。

また,天候が悪い日等,特定の条件がある場合に限らず,常に手のしびれを感じる場合は,常時性であるということになります。

こうした症状の存在につき,治療の過程で医師に申告している場合には,症状の重篤性,常時性が認められやすいでしょう。

他方,こうした症状が生じているにもかかわらず,医師に申告していなかった場合には,等級認定上,不利に考慮される恐れがあります。

このように,等級認定に際しては,現に画像上見受けられる事項や事故当時の状況だけでなく,医療機関への通院状況,医師への申告内容等,様々な事情が考慮されます。

適切な等級認定を受けるためには,たとえば,手のしびれ等の症状について医師に正確に申告する等の行動も必要になります。

こうした行動は,必要な知識があればできるものと言えますので,後遺障害に精通した専門家の適切な助言を受けることは,重要なことであると言えます。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

適切な資料を揃えるために

後遺障害の等級を認定するためには,様々な資料が必要となる場合があります。

実際に症状を感じている方からすれば「症状があるのに,なんでなかなか認めてもらえないのだろう」とお思いになることもあるかもしれませんが,認定機関も皆様の症状を実際に感じることはできませんので,その症状を客観的に判断するために,カルテはもちろん通院の頻度や交通事故の状態など,当ページにあるような様々な情報が必要となるのです。

そういった情報が不足してしまったり,また,医師に対して適切に症状が伝わらないような言動をしてしまったりしないよう,後遺障害申請を行うことになるかもしれないという方は弁護士にご相談下さい。

当法人は,申請はもちろん賠償金額の交渉なども行っておりますので,幸い後遺症が残らなかったという場合でもお力になることができるかと思います。

弁護士費用特約を利用しない場合でも,交通事故の相談料・着手金は原則無料となっておりますので,交通事故についてわからないこと,不安なことがあるという時には,大きな問題になってしまう前にお気軽にご相談ください。

交通事故を集中的に担当する者がお話をお聞きし,解決を図らせていただきますので,安心してご相談いただけます。

当法人は名古屋駅から近いところに名古屋法律事務所がありますので,ケガによって車が運転できない場合でもご来所いただけるかと思います。

名古屋に来られないという場合でも,交通事故のご相談はお電話で対応もさせていただけますので,名古屋以外で交通事故の被害にお悩みになっている方も,まずはご予約ください。

お問合せ・アクセス・地図へ