交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

症状固定と言われたら

1 後遺障害とは

交通事故に遭って怪我をし,治療をしたものの完治しきれず,いわゆる後遺症が残ってしまう場合があります。

ただ,いわゆる“後遺症”がすべて,法律上の「後遺障害」として取り扱われるわけではありません。

自動車損害賠償保障法(以下,「自賠責法」といいます。)では,心身に残った症状に応じて,「後遺障害の等級」を定めています。

この等級は,損害保険料率算出機構とその下部組織である自賠責調査事務所が認定しています。

つまり,「後遺障害」とは,交通事故によって体に生じた後遺症のうち,損害保険料率算出機構と自賠責調査事務所によって,等級の認定を受けたもの,といえます。

なお,例外的に,裁判所によって,「後遺障害○級相当」と認定されることもあります。

2 症状固定と言われたら

治療機関から「症状固定」と言われたら,交通事故による怪我が完治しなかったということですから,「後遺障害」として等級が認められ,それぞれの等級に見合った損害賠償額の支払いを受けられる可能性があります。

適正な損害賠償を受けるため,後遺障害の等級申請を検討するべきです。

3 後遺障害の等級申請の方法

  1. ⑴ 申請方法は2種類

    等級申請の方法には,①事前認定手続と,②被害者請求手続きの2種類があります。

  2. ⑵ ①事前認定手続とは

    これは,加害者側である保険会社が,被害者に代わって,後遺障害の等級申請を行う手続です。

    この方法は,被害者の手続き的な煩雑さを保険会社が代わって行ってくれるという利点もありますが,あくまでも「加害者側」の保険会社が行うことから,被害者に不利な証拠が提出されることが多く,適正な後遺障害の等級認定を受けられないというデメリットがあるので,お勧めしません。

  3. ⑶ ②被害者請求手続き

    これは,被害者が自ら後遺障害の等級申請を行う手続ですので,適切な証拠を提出し,適正な後遺障害の等級認定を受けられる可能性が高いといえます。

    ただ,申請のタイミングや必要な資料をそろえる方法など,被害者の方が自ら行うことは難しいと思いますので,専門家に依頼することをお勧めします。

4 後遺障害の等級申請に強い弁護士に依頼しましょう

  1. ⑴ 行政書士と弁護士

    後遺障害の等級申請は,行政書士や弁護士が行っています。

    行政書士と弁護士の違いは,示談交渉や適正な後遺障害の等級申請が認められなかった場合の不服申立てができるか,裁判ができるかなどの点にあります。

    行政書士は,争訟行為は法律上できませんが,弁護士はすべて行うことができます。

    そのため,行政書士と弁護士では,事件を一括して受任することのできる弁護士の方が,費用が安く済む傾向にあるようです。

    最近は,ホームページに費用を掲載している事務所が多いようですので,見比べてみることをお勧めします。

  2. ⑵ 弁護士の選び方

    また,弁護士のなかでも,後遺障害の等級申請に強い弁護士を選びましょう。

    後遺障害の等級申請は,医学的な専門知識や,等級申請の経験,不服申立ての経験,等級認定基準の推測の正確性など,弁護士や事務所によって異なりますので,気になることはしっかりと質問し,納得いくまで説明してもらえる弁護士を選ぶことをお勧めします。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

名古屋走り

皆様は「名古屋走り」という言葉,聞かれたことはありますでしょうか?

速度超過,信号無視,ウインカーを出さないでの車線変更,車線またぎ,早曲がり(赤信号で止まり右折待ちをしていて,青信号に変わった瞬間に対向車に先んじて強引に右折をすること)などといった,名古屋市及びその近郊でみられる,交通事故のおそれがあるような行儀の悪い・横着な運転マナーや道路交通法違反を総称して「名古屋走り」と呼ばれています。

このような「名古屋走り」といった行動は,名古屋以外の地域でも見られるのでしょうが,このような総称が出来てしまうくらい名古屋ではよく見かけられる行動なのかもしれません。

自分の前後を走る車等にこのような運転をされて,ヒヤッとされたり,怖い思いをされたり,中には交通事故に遭ってしまったりされた経験がある方もいらっしゃるでしょう。

愛知県が交通事故による死亡者数が何年も連続してワースト1位になってしまっている現状は,交通マナーの悪さが一つの要因となっているのかもしれません。

交通事故対応と相談

運転をしている時に自分が周囲にいくら気をつけていても,無謀な運転をする運転手がいるせいで,交通事故に遭ってしまうことがあるかもしれません。

交通事故被害者は身体や車に対するダメージを負うだけではなく,交通事故の相手や相手方保険会社への対応をすることが必要となり,時間を取られてしまうこととなります。

そのような交通事故対応は,必要なこととはいえ煩わしいと感じられることもあるでしょう。

そんな時は,弁護士法人心名古屋駅法律事務所に一度ご相談ください。

皆様の交通事故の状況などをお聞きし,弁護士が介入することでメリットがあるのかを判断させていただきます。

名古屋駅から徒歩30秒のところに事務所の一つがあります当法人では,交通事故被害に関するご相談は無料でお受けします。

また,交通事故の相手方から賠償額について,既に提案を受けられている場合には,その金額が皆様の交通事故賠償金として妥当な金額であるのかを無料でチェックさせていただくこともできます。

交通事故にあわれた方は,まずは名古屋駅法律事務所まで,お気軽にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ