交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

脳挫傷の慰謝料のご相談

1 脳挫傷とは

脳挫傷とは,頭部への直接的な強い打撃による脳の打撲状態のことをいいます。

交通事故で脳挫傷が生じた場合,頭蓋骨骨折なども同時に起きていることも多く,嘔吐や意識障害,運動知覚麻痺などの症状があるようです。

脳挫傷が原因で,治療を受けても記憶力や判断力等が低下したり,性格が変わってしまうなどの高次脳機能障害となってしまうケースも少なくありませんので,事故後も生活状況等を注視しておくべきです。

2 脳挫傷と後遺障害

脳挫傷の場合,残った症状によって,1級,2級,3級,5級,7級又は9級の後遺障害等級が認められることがあります。

3 後遺障害の慰謝料

交通事故による慰謝料には,通院(傷害)慰謝料と後遺障害慰謝料があります。

通院慰謝料は,医療機関へ通院した日数や期間によって異なります。

一方で,後遺障害慰謝料は,認められた後遺障害の等級によって異なります。

4 脳挫傷が後遺障害と認められた場合の慰謝料額

後遺障害慰謝料の基準には,弁護士や裁判所が用いる基準と,自賠責保険の基準,保険会社の基準があります。

弁護士や裁判所の基準では,1級では2800万円,2級では2370万円,3級では1990万円,5級では1400万円,7級では1000万円,9級では690万円の慰謝料が目安となります。

自賠責保険の基準は,1級では1600万円,2級では1163万円,3級では829万円,5級では599万円,7級では409万円が目安となります。

保険会社の基準は,自賠責保険の基準とほぼ同額か,多少上乗せされる場合が多いようです。

5 後遺障害慰謝料の増額は弁護士に相談

このように,弁護士の基準と保険会社や自賠責保険の基準では,慰謝料の額が大きく異なりますので,保険会社から示談書が送られてきたら,必ず後遺障害慰謝料の額を確認するべきです。

後遺障害慰謝料の増額を個人で保険会社に交渉しても,十分に応じてくれる保険会社は少ないと思われますので,弁護士に相談されることをお勧めします。

6 交通事故に詳しい弁護士に相談しましょう

同じ弁護士といえども,得意な分野と不得意な分野があります。

後遺障害慰謝料の増額交渉は,事務所全体の交通事故案件の取扱件数や実績,保険会社ごとの傾向の調査や裁判例の研究の程度など,弁護士によって大きく差がつきやすい分野ですので,交通事故に詳しい弁護士に相談しましょう。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

頭にケガをしてしまった時

交通事故にあうと,その強い衝撃により脳挫傷を負ってしまうことがあります。

脳挫傷やそれによる慰謝料については当ページでご説明しておりますが,このように脳挫傷で症状が残った場合,その等級は様々です。

級によって支払われる金額が大きく異なるため,交通事故直後少しでも痛みや吐き気などが生じたら,脳についてもしっかりと検査を受け,医師にも症状をきちんと説明しておいた方が良いかと思います。

そして,適切に被害者請求を行うことができるよう,交通事故に詳しい弁護士にご相談ください。

当法人では,脳挫傷によって重い後遺障害が残ってしまわれた方の等級申請,賠償金額交渉も数多く行っております。

交通事故の等級や賠償金額の診断は無料にて行っておりますので,ご自分の適切な等級や賠償金額を知りたいという方は,お気軽におっしゃってください。

当法人は名古屋駅法律事務所の近くに本部があるため,そちらにご来所いただくことになる場合もあるかもしれません。

名古屋駅法律事務所なら名古屋駅から徒30秒,本部でも徒歩2分と,どちらもたいへん近いところにありますので,便利かと思います。

交通事故の案件は名古屋でご相談に乗らせていただくだけでなく,お電話での全国対応もさせていただいておりますので,名古屋以外の方もお気軽にお電話ください。

お問合せ・アクセス・地図へ