交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

後遺障害等級認定・申請の際に気を付けること

治療継続しても改善の見込みがなかったり,一進一退の状態となれば,その後は残存する症状について自賠責保険で定める後遺障害に該当するか(等級認定されるか)といった問題となります。

適切な等級を得るためには,申請前の準備が極めて重要になります。

ここでは,申請前の準備において特に気を付けることをご紹介いたします。

1 症状がある間は通院継続!

等級認定では,症状固定までの通院状況・症状の経緯等も判断要素とされています。

痛みがあるのにもかかわらず,忙しかったりして治療を中断してしまうと,中断した時点で治ったものと誤解されてしまう可能性もあります。

そのため,痛みなど症状がある間は通院を継続することが重要です。

なお,事故から一定期間が経つと,保険会社がいわゆる治療費の打ち切りを行ってくることがあります。

治療費の打ち切りがなされたらといって治療を終了しなければならないわけでありません。

医師の指示にしたがって治療に努めることが大切です。

2 実際よりも早く症状固定と判断されないよう注意!

症状固定すなわち治療継続しても改善の見込みがないかといったことは,医師が医学的見地から判断します。

医師は患者の訴えも考慮して症状固定か否か判断するため,患者の訴えの内容によっては,本来よりも早く症状固定と判断してしまう可能性があります。

こうした誤解がなされないよう,診察時に適切に症状の内容や程度等を伝えることが重要です。

3 必要な検査を受ける!

検査が十分でないことを理由に等級認定されないことがあるので,適切な検査を受けておくことが重要です。

4 誤解されないように作成してもらおう!

申請書類の一つに後遺障害診断書というものがあり,主治医により作成されます。

この診断書はとても重要であり,その記載内容の一つを理由に等級認定されないこともあります。

そのため,主治医に作成を依頼するにあたっては,あらかじめ主治医に症状及びその程度等を正確に伝えておく必要があります。

弁護士法人心では専用の申請チームを作っており,上記診断書の記載内容をチェックして,記載漏れや誤解されるような記載があれば,主治医に対して記載内容の修正の申入れ等を行っています。

5 被害者請求で申請しましょう!

申請手続には,相手方の保険会社が行う事前認定と,被害者本人が行う被害者請求という2つの方法があります。

相手方の保険会社に任せると,必要な検査を受けないまま申請されたり,まだ治療が完全に終わっていないのに後遺障害の申請を促されるなどし,本来の等級が認定されないことがありますので,被害者請求の方法によるべきであるといえます。

6 詳しい弁護士に依頼しましょう!

これまで述べたとおり,申請準備で注意すべきことは多岐にわたり,後遺障害に詳しい者によるサポートが必要です。

弁護士法人心では,保険会社の元代理人弁護士や等級認定機関である損害保険料率算出機構出身者らで専用のチームを作り,的確な等級を獲得できるよう日々精進しております。

後遺障害のことでお悩みの場合には,お気軽に弁護士法人心にご連絡ください。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

様々な注意点があります

当法人は交通事故の案件に特に力を入れておりますので,名古屋駅法律事務所でも,交通事故のお怪我に関するご相談を数多くいただいております。

交通事故によるお怪我が,通院を継続しても良くなる見込みがない場合や,怪我の症状が一進一退の状態となった場合には,その時点で残っている症状について,後遺障害等級認定申請を行うのが通常です。

その際に,気を付けるべき点をいくつかご紹介させていただきます。

1 治療費打ち切り=症状固定ではありません!

相手方保険会社からの治療費の打ち切り=症状固定と考えられがちですが,これは全くの間違いで,症状固定は「医学的に見て,これ以上交通事故治療を続けても改善する見込みがないと判断された時点」のことを指します。

既に事故から時間が経っていて,相手方から治療費打ち切りの打診がある場合には,相手方の一方的な治療費の打ち切りに惑わされずに,きちんと医師の判断による正しい時期を症状固定日とすることが重要となります。

2 医師とのコミュニケーションは慎重に!

後遺障害等級認定申請において,重要なものの1つに,主治医による後遺障害診断書があります。この後遺障害診断書の記載内容1つで,等級認定の結果が左右される場合もあるため,この診断書を医師に作成していただく際には,残っている症状やその程度など,きちんと伝えておく必要があります。

交通事故後まだ痛みが残っているのであれば,その旨をきちんと医師に伝え,誤解を受けないようにしておきましょう。

以上,後遺障害等級認定申請に際して気を付けるべき点をご紹介させていただきましたが,上記の他にも交通事故対応について気を付けると良い点はたくさんあります。

弁護士法人心名古屋駅法律事務所では,そういった後遺障害等級認定申請を得意とする後遺障害チームを作っています。

交通事故による後遺障害について,ご不明な点,ご不安な点がございましたら,まずはお気軽に,弁護士法人心名古屋駅法律事務所までご相談ください。

名古屋以外にも事務所はありますし,交通事故のご相談につきましては全国対応もしておりますので,名古屋から離れたところにお住まいの場合でもご相談いただけます。

お問合せ・アクセス・地図へ